Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第5章 コンパイラーとツール

dmidecodeはSMBIOS 3.0.0をサポートするようになりました

このアップデートでは、SMBIOS 3.0.0のサポートが dmidecode ユーティリティ。今、 dmidecode SMBIOS 3.0.0仕様に従って64ビット構造で動作することができます。 (BZ#1232558

mcelog が新たな Intel プロセッサーに対応

mcelog ユーティリティーは、第 6 世代の Intel Core プロセッサーである Intel Xeon プロセッサー E3 v5、および現在の Intel Pentium と Intel Celeron のプロセッサーに対応します。これらの新たなプロセッサーは cpuid 0x4E および 0x5E でレポートします。
さらに、 mcelog 現在のIntel Atomプロセッサ用のCPUを認識します(0x26, 、0x27, 、0x35, 、0x36, 、0x37, 、0x4a, 、0x4c, 、0x4d, 、0x5a, 、および 0x5d)とIntel XeonプロセッサE5 v4、E7 v4、Intel Xeon D(0x56 そして 0x4f)。 (BZ#1255561)

python-linux-procfs をバージョン 0.4.9 にリベース

python-linux-procfs パッケージはアップストリームのバージョン 0.4.9 にアップグレードされました。旧バージョンに対する多くのバグ修正および機能拡張が加えられています。
注目すべき修正には以下のものがあります。
  • このパッケージには API 文書が含まれ、/usr/share/docs/python-linux-procfs ディレクトリーにインストールされます。
  • スペースで区切られたフィールドの処理 /proc/PID/flags 以前に遭遇した構文解析エラーを取り除く改良された python-linux-procfs。 (BZ#1255725

trace-cmd をバージョン 2.2.4 にリベース

trace-cmd パッケージはアップストリームのバージョン 2.2.4 にアップグレードされました。旧バージョンに対する多くのバグ修正および機能拡張が加えられています。
注目すべき修正には以下のものがあります。
  • trace-cmd list コマンドで、オプション -P が新たに利用可能になりました。これを使用すると、ロードされたプラグインファイルをパスごとに一覧表示することができます。
  • trace-cmd report コマンドには新しいオプションがありますが、 -t, これは、レポートにフルタイムスタンプを印刷するために使用できます。 (BZ#1218670

tcsh$anyerror$tcsh_posix_status に対応

tcsh コマンド言語インタープリタは、 $anyerror そして $tcsh_posix_status 変数は、パイプライン化されたコマンドのエラーの場合にtcshの動作を定義します。このアップデートにより、 tcsh Red Hat Enterprise Linux 7に近い機能性 tcsh バージョン。これらの2つの変数は、逆の論理的意味を持つことに注意してください。詳細については、tcsh(1)のマニュアルページを参照してください。 (BZ#1256653)

OpenJDK 8 が ECC に対応

OpenJDK 8 が Elliptic Curve Cryptography (ECC) と TLS 接続に関連する暗号に対応しています。安全なネットが接続を作成するには、多くの場合、旧式の暗号化ソリューションではなく ECC を使用してください。
さらに、java-1.8.0パッケージの優先順位は7桁に拡張されました。 (BZ#1208307

OpenJDK 6 と OpenJDK 7 で RC4 がデフォルトで無効

以前の OpenJDK パッケージでは、Transport Layer Security (TLS) を使用した安全な接続を作成する際には、RC4 暗号化アルゴリズムの使用が可能でした。このアルゴリズムは安全でなくなったため、今回のリリースでは無効となっています。これを引き続き使用するには、SSLv3, DH keySize < 768jdk.tls.disabledAlgorithms の設定を以前のものに戻す必要があります。これは <java.home>/jre/lib/security/java.security ファイルで永続的に実行するか、以下の行を新たなテキストファイルに追加します。
jdk.tls.disabledAlgorithms=SSLv3, DH keySize < 768
新しいテキストファイルに追加し、引数を使用してコマンドラインでそのファイルの場所をJavaに渡します -Djava.security.properties=<path to file>。 (BZ#1217131)

rhino をバージョン 1.7R4 にリベース

RhinoJavaで書かれたJavaScriptのオープンソース実装は、バージョン1.7R4にリベースされています。このアップデートでは、JSON関連のバグが修正されました。 java-1.7.0-openjdk パッケージ rhino ビルドの依存関係として。さらに、以前に見つからなかったマニュアルページのREADMEファイルとLICENSEファイルが追加されました。 (BZ#1244351

pcp をバージョン 3.10.9 にリベース

Performance Co-Pilot (PCP) に機能強化がなされました。Performance Metric Domain Agents (PMDA) のほとんどは、それらの subrpms に分割されていることに注意してください。こうすることで、PCP のインストールが簡素化されます。
追加には、Intel NVMEデバイスサポート、IPv6メトリック、LXCコンテナへのコンテナマッピング、いくつかの新しいPMDA(MIC、json、dm、slurm、pipe)などの新しいカーネルメトリックと、 pcp-verify(1)、pcp-shping(1)、pcp-atopsar(1)、およびpmrep(1)を実行します。 zabxpcp(3)を介してZabbixツールへのエクスポートも追加されました。 pcp-atopツールは、新しいNFSフィーチャーセットを含む完全な書き換えを受け取りました。 PCPのPerformance Metricsウェブデーモン(pmwebd)は、PCP pmStore(3)プロトコルのサポートを追加するだけでなく、グラファイトのアーカイブディレクトリを開くなどの改善を受けました。 sar2pcp(1)も更新され、sysstat 11.0.1コマンドのサポートが追加されました。 (BZ#1248272

openmpi バージョン1.10.2にリベースされました

openmpi パッケージがアップストリームバージョン1.10.2にアップグレードされました。これは、以前のバージョンよりも多くのバグ修正と拡張機能を提供します。注目すべき変更は以下のとおりです。
  • バイナリパッケージの新しい名前は openmpi-1.10。 x86_64アーキテクチャー上のその環境モジュール名は openmpi-1.10-x86_64
  • Red Hat Enterprise Linux 6.7との互換性を維持するために、 openmpi-1.8 まだ利用可能です。そのパッケージ名は openmpi-1.8 環境モジュール名を保持します( openmpi-x86_64 x86_64アーキテクチャー上で)、Red Hat Enterprise Linux 6.7で使用していました。 (BZ#1130442)

Open MPI ディストリビューションの変更

Open MPI は、オープンソースの Message Passing Interface 実装です。compat-openmpi パッケージは Red Hat Enterprise Linux 6 の以前のマイナーリリースとの後方互換性のために以前のバージョンの Open MPI を提供するもので、Open MPI のバージョンに基づいていくつかのサブパッケージに分割されています。
サブパッケージの名前 (および x86_64 アーキテクチャー上での各環境モジュール名) は、以下のとおりです。
  • openmpi-1.4 (openmpi-1.4-x86_64)
  • openmpi-1.4-psm (openmpi-1.4-psm-x86_64)
  • openmpi-1.5.3 (compat-openmpi-x86_64、エイリアスは openmpi-1.5.3-x86_64)
  • openmpi-1.5.3-psm (compat-openmpi-psm-x86_64、エイリアスは openmpi-1.5.3-psm-x86_64)
  • openmpi-1.5.4 (openmpi-1.5.4-x86_64)
  • openmpi-1.8 (openmpi-x86_64、エイリアスは openmpi-1.8-x86_64)
yum install openmpi Red Hat Enterprise Linux 6.8のコマンドは、 openmpi-1.8 Red Hat Enterprise Linux 6.7との互換性を最大限に高めるパッケージです。 Open MPIのそれ以降のバージョンは、 openmpi-1.10 パッケージ。 (BZ#1158864

Omping の完全サポート

Open Multicast Ping(Omping)は、主にローカルネットワーク内のIPマルチキャスト機能をテストするためのツールです。このユーティリティを使用すると、IPマルチキャスト機能をテストし、ネットワーク構成に問題があるのか​​、バグがあるのか​​を診断できます。 Red Hat Enterprise Linux 6では、Ompingは以前はテクノロジープレビューとして提供されていましたが、現在完全にサポートされています。 (BZ#657370

elfutils をバージョン 0.164 にリベース

eu-addr2line ユーティリティーでは、以下の改善がなされました。
  • 入力アドレスが 8 進法や 10 進法ではなく、常に 16 進数として解析される。
  • -a--addresses の新規オプションで、各エントリーの前にアドレスがプリントされる。
  • -C--demangle の新規オプションでデマングルされた記号が表示される。
  • --pretty-print の新規オプションで、全情報が一行にプリントされる。
eu-strip ユーティリティーで以下が可能です。
  • マージされた strtab および shstrtab の表で ELF ファイルを処理。
  • 見つからない SHF_INFO_LINK セクションフラグの処理。
libdw ライブラリーでは、以下の機能が改善されました。
  • dwfl_standard_find_debuginfo は、別のデバッグファイルがビルド ID で見つからない場合、debuginfo root 下のバイナリーパスのサブディレクトリーを検索します。
  • Dwfl_Modules がレポートされる前に、dwfl_linux_proc_attach を呼び出すことができます。
  • dwarf_peel_typeDW_TAG_atomic_type も処理します。
さまざまな新しいDWARF5定数が認識されました。 DW_TAG_atomic_type, 、DW_LANG_Fortran03, 、DW_LANG_Fortran08, 、DW_LANG_Haskell。さらに、新しいヘッダファイル、 elfutils/known-dwarf.h, develパッケージによってインストールされます。 (BZ#1254647)

glibc が BIG5-HKSCS-2008 に対応

以前は、 glibc 香港補完文字セットBIG5-HKSCS-2004の以前のバージョンをサポートしました。 BIG5-HKSCS文字セットマップは、標準のHKSCS-2008リビジョンに更新されました。これにより、Red Hat Enterprise Linuxのお客様は、このバージョンの標準でエンコードされたテキストを処理するアプリケーションを作成することができます。 (BZ#1211748

ヒューマンリーダブルな installed-rpms

の形式 installed-rpms sosreportのリストは、人間が読みやすくするために簡素化されています。 (BZ#1267677

OProfileは現在、第6世代Intel Coreプロセッサをサポートしています

このアップデートにより、OProfileは第6世代のIntel Coreプロセッサを認識し、アーキテクチャ上のパフォーマンスイベントの小さなサブセットにデフォルト設定するのではなく、第6世代のIntel Coreプロセッサのアーキテクチャ外のパフォーマンスイベントを提供するようになりました。 (BZ#1254764)

OProfile が Intel Xeon Processor D-1500 製品ファミリーを認識

Intel Xeon Processor D-1500 製品ファミリーのサポートが OProfile に追加され、この製品ファミリー向けのプロセッサー固有イベントが利用可能となりました。
いくつかのイベント、たとえば LLC_REFS そして LLC_MISSES, 正しくカウントされないことがあります。チェック http://www.intel.com/content/www/us/en/processors/xeon/xeon-d-1500-specification-update.html 影響を受けるパフォーマンスイベントの完全なリストについては、 (BZ#1231399)

SystemTap バージョン2.9にリベースされました

SystemTap 計装システムはバージョン2.9にリベースされました。このアップデートの主な改善点は、より完全なマニュアルページ、より移植性の高い使いやすいネットフィルタ、debuginfoなしのカーネルバックトレースのサポート、debuginfo関連診断の改善、トランスレータのメモリ使用量の削減、生成コードのパフォーマンス向上です。 (BZ#1254648)

powerpc-utilsがバージョン1.3.0にリベースされました

powerpc-utilsパッケージは、アップストリームバージョン1.3.0にアップグレードされました。これは、以前のバージョンよりも多くのバグ修正と拡張機能を提供します。 (BZ#1252706)

ipmitool バージョン1.8.15にリベースされました

ipmitool パッケージがアップストリームバージョン1.8.15にアップグレードされました。これは、以前のバージョンよりも多くのバグ修正と拡張機能を提供します。注目すべき変更には、13G Dell PowerEdgeシステムのサポート、64バイトを超えるホスト名のサポート、およびIPv6サポートの改善が含まれます。 (BZ#1253416)

memtest86+ がバージョン 5.01 にリベース

memtest86+ パッケージがアップストリームバージョン 5.01 にアップグレードされました。旧バージョンに対する多くのバグ修正および機能拡張が加えられています。主な変更点は以下のとおりです。
  • AMD64 および Intel 64 CPU で最大 2 TB の RAM をサポート
  • Intel Haswell などの新たな Intel および AMD CPU をサポート
  • 最大 32 コアの実験的 SMT サポート
詳細な変更については、 http://www.memtest.org/#change (BZ#1009083)

新しいパッケージ: java-1.8.0-ibm

このアップデートでは、Red Hat Enterprise Linux 6にIBM Java 8が追加されました。 java-1.8.0-ibm パッケージは補足チャンネルで利用可能です。 (BZ#1148503)

arpwatch の新オプション: -p

このアップデートではオプションが導入されました -p のために arpwatch コマンドの arpwatch ネットワーク監視ツール。このオプションはプロミスキャスモードを無効にします。 (BZ#1006479)