Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第23章 インストールと起動

自動 LVM パーティション設定が選択されると BFS インストールが VV で失敗する

Boot From SAN (BFS) を使用して HP StoreServ 3PAR Storage Volume (VV) にインストールを試行すると、インストールはディスクのパーティション設定および LVM ボリュームグループのアクティブ化の際に以下のメッセージが表示されて失敗します。
Volume group "VolGroup" has insufficient free space.
この障害は、すべてのStoreServボリュームタイプ(Std VV、TPVV、TDVV)で発生します。この問題を回避するには、LVMを使用している場合は、[Custom Partition Layout]オプションを選択し、スワップパーティションと/ homeパーティションのサイズを1〜2GB小さくします。 LVMを使用しない場合は、[Standard Partition]オプションを選択します。 (BZ#1190264)

キックスタートファイルの %packages セクションで --nocore オプションを使用すると、システム破綻につながる可能性がある

もし --nocore オプションは、 %packages キックスタートファイルのセクションでは、コアシステムのパッケージとライブラリがインストールされないため、システムがユーザ作成などの必須タスクを実行できなくなり、システムが使用できなくなる可能性があります。この問題を回避するには、使用しないでください。 --nocore。 (BZ#1191897)

各セクションで zipl ブートローダーがターゲット情報を必要とする

コマンドラインでセクション名をパラメーターとして使用して zipl ツールを手動で呼び出す場合、これまではこのツールは /etc/zipl.conf ファイルのデフォルトセクションで定義されているターゲットを使用していました。最新バージョンの zipl では、自動ではデフォルトセクションのターゲットは使用されず、エラーとなります。
問題を回避するには、手動で /etc/zipl.conf 設定ファイルをコピーし、以下から始まる行をコピーする target= デフォルトのセクションからすべてのセクションまで。 (BZ#1203627)

インストーラは、マルチパスデバイスの数と誤って選択されたマルチパスデバイスの数を表示します

マルチパスデバイス自体は正常に設定されても、インストーラーが間違った数のマルチパスデバイスと選択されたマルチパスデバイスを表示します。現時点では回避策は分かっていません。(BZ#914637)

マルチパス内の間違ったディスク領域をインストーラーが表示する

マルチパスデバイス自体は正常に設定されても、インストーラーが間違った数のマルチパスデバイスとディスク領域を表示します。現時点では回避策は分かっていません。(BZ#1014425)