前書き

機能強化、セキュリティーエラータやバグ修正によるエラータなどを集めたものが Red Hat Enterprise Linux のマイナーリリースになります。『Red Hat Enterprise Linux 6.6 リリースノート』 では、今回のマイナーリリースで Red Hat Enterprise Linux  6 オペレーティングシステムと付随するアプリケーションに加えられた主要な変更について説明しています。このマイナーリリースにおける変更点 (修正済みのバグ、追加された機能強化、既知の問題など) に関する詳しい説明については テクニカルノート を参照してください。テクニカルノートには、現在利用できるテクノロジープレビューとその機能を提供するパッケージのリストも記載されています。

重要

こちら でご覧になれるオンライン版の 『Red Hat Enterprise Linux 6.6 リリースノート』 が最終的な最新バージョンとなります。このリリースに関してご質問がある場合は、ご使用バージョンの Red Hat Enterprise Linux のオンライン版 『リリースノート』 および 『テクニカルノート』 をご覧いただくことをお勧めします。
他のバージョンとの比較における Red Hat Enterprise Linux 6 の機能および制限については、https://access.redhat.com/site/articles/rhel-limits にあるナレッジベースの記事を参照してください。
Red Hat Enterprise Linux のライフサイクルに関する詳細情報については、https://access.redhat.com/support/policy/updates/errata/ を参照してください。