第11章 セキュリティ、標準、認定

コモンクライテリア認定

Red Hat Enterprise Linux 6.2 ベータ版では、Red Hat Enterprise Linux 6 はコモンクライテリアの EAL (評価保証レベル) 4+ で評価段階にあります。コモンクライテリアには、セキュリティ要件を示す標準化された方法があり、製品を評価する一連の厳密な基準を定義しています。

FIPS-140 検証

Red Hat Enterprise Linux 6.2 ベータ版では、Red Hat Enterprise Linux 6 暗号化モジュールは FIPS-140 認定の評価段階にあります。FIPS-140 は、米国政府のセキュリティ標準で、暗号化モジュールの認証に使用されます。Red Hat Enterprise Linux は、米国連邦政府により義務付けされた法的要件を満たしているため、すべての行政機関による暗号化モジュールを使用できます。

トラステッドブート

Red Hat Enterprise Linux 6.2 には、トラステッドブートメカニズムである Intel Trusted Boot (tboot パッケージにより提供) が備わっています。トラステッドブートはインストール時のオプションのコンポーネントであり、Intel の TXT (トラステッドエグゼキューションテクノロジー) がオペレーティングシステムカーネルの評価および検証済みの起動を実行できるようにします。トラステッドブートは、Intel x86 および Intel 64 アーキテクチャーの両方でサポートされています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。