第8章 ネットワーキング

マルチメッセージ send システムコール

Red Hat Enterprise Linux 6.2 は、マルチメッセージ send システムコールを導入しました。これは Red Hat Enterprise Linux 6 にある既存の recvmmsg システムコールの send バージョンです。

システムコール sendmmsg ソケット API は以下のようになります。
struct mmsghdr {
	struct msghdr	msg_hdr;
	unsigned	msg_len;
    };

ssize_t sendmmsg(int socket, struct mmsghdr *datagrams, int vlen, int flags);
XPS (送信パケットステアリング)

Red Hat Enterprise Linux 6.2 には、マルチキューデバイス用の XPS (送信パケットステアリング) が含まれています。XPS は、パケットの送信に関わるプロセッサを特別に対象とすることにより、マルチキューデバイス用のネットワークパケットを効率良く送信することができます。XPS により、設定に基づいたパケット送信に関して送信キューを選択できます。これは、受信キューに基づいてプロセッサの選択が可能だった Red Hat Enterprise Linux 6.1 で実装されていた受信側の機能性と類似しています (RPS)。XPS はスループットを 20% から 30% 改善しました。

未登録グループのトラフィックフラッディング

以前は、ブリッジはすべてのポートの未登録グループにパケットをフラッドしていました。しかし、この動作は未登録グループへのトラフィックが常に存在する環境では望ましくありません。Red Hat Enterprise Linux 6.2 では、トラフィックが送信されるのは、ルーターとしてマークされたポートへの未登録グループのみです。強制的に任意のポートへフラッディングを行うには、ルーターとしてそのポートをマークしてください。

SCTP (ストリームコントロールトランスミッションプロトコル) マルチホームサポート

Red Hat Enterprise Linux 6.2 では SCTP マルチホーミングに対するサポートが追加されました — ノード (つまり、マルチホームノード) が複数の IP アドレスで到達可能です。

UDP パケットドロップイベントのトレースポイント

Red Hat Enterprise Linux 6.2 では、UDP パケットドロップイベントにトレースポイントがさらに追加されました。こうしたトレースポイントにより、UDP パケットがドロップされる理由を分析できます。

IPSet

カーネルの IPSet 機能が追加され、複数の IP アドレスまたはポート番号を格納するようになりました。また、それらを iptables を通じてコレクションと照合します。

初期 TCP 受信ウィンドウのデフォルト

初期 TCP 受信ウィンドウのデフォルトは 4 kB から 15 kB に増加しました。これによる利点は、どのデータ (15 kB > ペイロード > 4 kB) も初期ウィンドウに適合するようになった点です。4 kB 設定 (IW3) では、4 kB を越えるペイロードは複数の転送に分割される必要があります。

初期 TCP 輻輳ウィンドウのデフォルト

Red Hat Enterprise Linux 6.2 では、初期 TCP 輻輳ウィンドウのデフォルトは、RFC 5681 に従い 10 に設定されています。加えて、TCP および CCID-2 に共通の初期ウィンドウコードが統合されました。

IPv6 の GSO サポート

IPv6 の転送パスに対する GSO (汎用セグメンテーションオフロード) サポートが追加され、GSO が有効の場合にはホスト/ゲスト通信のパフォーマンスが向上します。

vios-proxy

vios-proxy は、ストリームソケットのプロキシで、仮想ゲストのクライアントと Hypervisor ホストのサーバー間の接続を提供します。通信は virtio-serial リンク上で発生します。この機能は、Red Hat Enterprise Linux 6.2 ではテクノロジープレビューとして導入されています。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。