第13章 クラスタリング

動的スキーマの生成

動的スキーマの生成を導入することで、エンドユーザーは Red Hat Enterprise Linux High Availability アドオンのカスタムリソースエージェントとフェンスエージェントを非常に柔軟に接続することができます。また、/etc/cluster.conf 設定ファイルの有効性をそうしたエージェントと検証する可能性も維持します。厳しい要件として、カスタムエージェントが正しいメタデータ出力を提供して、そうしたエージェントがすべてのクラスターノードでインストールされていなければなりません。

GFS 2 の Clustered Samba

クラスタ環境における Samba のサポートは、Red Hat Enterprise Linux 6.2 で完全に対応するようになりました。Samba クラスタリングは、すべてのノードで利用できる共有のクラスタ化ファイルシステムに依存しています。Red Hat Enterprise Linux のコンテキストでは、Samba クラスタリングはネイティブの共有ストレージファイルシステムである GFS2 と機能するよう設定されています。

Clustered Samba (具体的には CTDB) により、メタデータはクラスタ内の複数の物理ホストに適用することができます。ノード障害発生時には、CTDB は自動的にノード固有のデータベースを復元、修復します。また、CTDB にはノードの監視やフェールオーバーなどの高可用性機能も備わっています。
スタンドアロン Corosync の冗長リングに対するサポート

Red Hat Enterprise Linux 6.2 では、自動回復機能を持つ冗長リングに対するサポートをテクノロジープレビューとして導入しました。このテクノロジープレビューに関する既知の問題を表示した一覧は、テクニカルノート を参照してください。

corosync-cpgtool

corosync-cpgtool は、デュアルリング (dual ring) 設定で両方のインターフェースを指定するようになりました。この機能はテクノロジープレビューです。

/etc/cluster.conf での rgmanager の無効化

/etc/cluster.conf 設定ファイルを変換して、pacemaker により使用されるようにすると、rgmanager を無効にする必要があります。これを行わないことで生じるリスクレベルは高くなります。変換が正しく成功すると、同一ホストで rgmanagerpacemaker を開始できるようになるため、同じリソースを管理できます。

そのため、Red Hat Enterprise Linux 6.2 には以下の要件を強制する機能が (テクノロジープレビューとして) 備わっています。
  • rgmanager/etc/cluster.conf<rm disabled="1"> フラグがあることを認識すると、rgmanager は起動を拒否する必要があります。
  • 再設定中に <rm disabled="1"> フラグが /etc/cluster.conf に表示された場合は、rgmanager はすべてのリソースを停止して、終了する必要があります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。