Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.6.3. EDIT MONITORING SCRIPTS Subsection

パネル上部の監視スクリプト リンク上でクリックします。 監視スクリプトの編集 サブセクションにより、管理者は 送信/期待 の文字列シーケンスを指定して、仮想サーバー用のサービスが各実サーバー上で 機能していることを確認できます。ここはまた、管理者がカスタム化したスクリプトを指定して 動的に変化しているデータを要求するサービスをチェックすることができます。
The EDIT MONITORING SCRIPTS Subsection

図4.9 The EDIT MONITORING SCRIPTS Subsection

Sending Program
より高度なサービス確認の為には、このフィールドを使用してサービスチェックスクリプトへの パスを指定することができます。この機能は特に、HTTPS や SSL などの動的に変化するデータを 要求するサービスに役に立ちます。
この機能を使用するには、テキスト応答を返し、それを実行ファイルになるようにセットし、 送信プログラム フィールド内にそのパスを入力するようなスクリプトを 書く必要があります。

注記

To ensure that each server in the real server pool is checked, use the special token %h after the path to the script in the Sending Program field. This token is replaced with each real server's IP address as the script is called by the nanny daemon.
外部サービスチェックスクリプトを書くときのガイドとして、使用できるサンプルスクリプトを 以下に示します:
#!/bin/sh

TEST=`dig -t soa example.com @$1 | grep -c dns.example.com

if [ $TEST != "1" ]; then
	echo "OK
else
	echo "FAIL"
fi

注記

外部プログラムが 送信プログラム フィールド内に入った場合、 送信 フィールドは無視されます。
Send
このフィールドに各実サーバーに送る為の nanny デーモン用ストリングを 入力します。デフォルトでは、送信フィールドは HTTP 用に完了しています。ニーズに応じてこの値を 変更することは可能です。このフィールドを空白のままにすると、nanny デーモンはポートを開く試みをして、それが成功した時はサービスが実行中だと想定します。
このフィールドには1つのみの送信シーケンスが許可されます。そしてそれは 表示可能物、ASCII 文字、それに以下のエスケープ文字のみを含むことが出来ます:
  • 新しい行用の \n
  • 改行用の \r
  • tab 用の \t
  • 次に続く文字をエスケープする \
Expect
正常に機能している場合にサーバーが返すべきテキスト応答を入力します。ユーザーが自身の 送信プログラムを書いている場合は、成功した時に送るように指示している応答を入力します。

注記

任意のサービス用に送るものを決定するには、実サーバー上のポートへの telnet 接続を開き、返ってくる応答を見ます。例えば、FTP は接続時に 220 を報告しますので、送信 フィールドにquit(終了) を入力し、期待フィールドには 220 を入力します。

警告

このパネル内でなんらかの変更をした後は 確定(ACCEPT) ボタンを確実に クリックして、新しいパネルを選択する時点にその変更が維持されるようにします。
Once you have configured virtual servers using the Piranha Configuration Tool, you must copy specific configuration files to the backup LVS router. See 「設定ファイルの同期化」 for details.