Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.3.2. サーバー能力分別とスケジューリング

LVS の管理者は 能力値 を実サーバー群内の各サーバーに割り当てることができます。この能力値とは、能力分別 スケジューリング アルゴリズム(能力別最低稼働機接続など)への要素となる整数値であり、異なる能力を持つ ハードウェアに対して LVS router が均一的に負荷を与えることに寄与します。
能力値は互いを比較した比率です。例えば、1台の実サーバーが能力値 1を持ち、他のサーバーが 能力値 5 を持つならば、能力値 5 のサーバーは能力値 1 のサーバーが1つの接続を持つ度に 5つの接続を持つことになります。デフォルトでは実サーバーの能力値は 1です。
実サーバー群内で異なるハードウェア設定に能力値を追加することは、クラスタのロードバランシングを 効率的にする手助けになりますが、1台の実サーバーが実サーバー群に追加されて、仮想サーバーが 能力別最低稼働機接続を使用する計画がある場合には、一時的なアンバランスの原因になる可能性があります。 例えば、実サーバー群内に3つのサーバーがあると想定します。サーバーA と B は能力 1とし、三番目の サーバー C は能力 2 とします。サーバーC が何かの理由で落ちた場合、サーバー A と B が平等に その負荷を分担します。しかし、サーバー C が復帰した時点で、LVS router はそのゼロ接続を発見して、 サーバー A と B と同じレベルになるまで、来信する要求をサーバー C に集中します。
この現象を防止するために、管理者は仮想サーバーを quiesce(一時休止)サーバーに することができます。新規の実サーバーノードがオンラインに入る時にはいつでも最低稼働機接続表はゼロに リセットされて、LVS router は、まるで全ての実サーバーがクラスタに新規に追加された実サーバーで あるかのように要求を回送します。