Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.7. 設定ファイルの同期化

主要 LVS router を設定した後は、LVS を開始する前に数種の設定ファイルをバックアップ LVS router に コピーしなければなりません。
これらのファイルは以下を含みます:
  • /etc/sysconfig/ha/lvs.cf — LVS router 用の設定ファイル
  • /etc/sysctl — 動作の一つとして、カーネル内のパケット転送を オンにする設定ファイル
  • /etc/sysconfig/iptables — ファイアウォールマークを 使用している場合は、使用しているネットワークパケットを基にしてこれらのファイルの1つを 同期化する必要があります。

重要

Piranha Configuration Tool を使用して LVS を設定する場合は /etc/sysctl.conf ファイルと /etc/sysconfig/iptables ファイルは、変化しません。

4.7.1. lvs.cf の同期化

LVS 設定ファイル /etc/sysconfig/ha/lvs.cf が作成されるか、 更新される時は いつでも、それをバックアップ LVS router ノードにコピーする必要があります。

警告

アクティブとバックアップの両方の LVS router ノードは同一の lvs.cf ファイルを持っている必要があります。これらの LVS router ノード間で一致しない LVS 設定ファイルがある場合は、 フェイルオーバーを阻止する可能性があります。
これを実行する最善の方法は scp コマンドの使用です。

重要

To use scp the sshd must be running on the backup router, see 「LVS Router 上でサービスの設定」 for details on how to properly configure the necessary services on the LVS routers.
主要 LVS router から root として以下のコマンドを発行して、router ノード間で lvs.cf ファイルを同期化します:
scp /etc/sysconfig/ha/lvs.cf n.n.n.n:/etc/sysconfig/ha/lvs.cf
このコマンド内の、n.n.n.n はバックアップ LVS router の実 IP アドレスで 入れ替えます。