Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.4. Routing (経路回送)の方法

Red Hat Enterprise Linux は LVS 用 にネットワークアドレス解決(Network Address Translation) いわゆる NAT routing を使用します。これにより、管理者は存在するハードウェアを 活用し、既存のネットワークに LVS を統合する場合に格別の柔軟性を得ることが出来ます.

1.4.1. NAT Routing

図1.3「LVS Implemented with NAT Routing」, illustrates LVS utilizing NAT routing to move requests between the Internet and a private network.
LVS Implemented with NAT Routing

図1.3 LVS Implemented with NAT Routing

この例では、アクティブ LVS router に二つの NIC があります。インターネット用の NIC は eth0 上に 実 IP アドレスを持ち、eth0:1 にエイリアス化された 浮動 IP アドレスを持ちます。プライベートネットワークインターフェイス用の NIC は eth1 上に 実 IP アドレスを持ち、eth1:1 にエイリアス化された浮動 IP アドレスを持ちます。フェイルオーバーの 状態になると、インターネットに面している仮想サーバーと仮想インターフェイスに面している プライベートネットワークは、同時にバックアップ LVS router により受け継がれます。プライベートネットワーク上に ある全ての実サーバーは、NAT router 用の浮動 IP をそのデフォルト経路として使用して、アクティブ LVS router と通信をします。そのため、インターネットからの要求に反応する能力は低減しません。
In this example, the LVS router's public LVS floating IP address and private NAT floating IP address are aliased to two physical NICs. While it is possible to associate each floating IP address to its own physical device on the LVS router nodes, having more than two NICs is not a requirement.
このトポロジーを使用すると、アクティブ LVS router は要求を受け付けて、それを 該当するサーバーに回送します。実サーバーはその後、要求を処理してパケットを、 LVS router に返送し、それがネットワークアドレス解決を使用してパケット内の実サーバーの アドレスを LVS router の公共 IP アドレスに入れ替えます。実サーバーの 実 IP アドレスが要求しているクライアントには隠されているため、このプロセスは IP マスカレーディング(変装) と呼ばれます。
この NAT routing を使用すると、実サーバーは諸々のオペレーティングシステムを実行している 如何なるマシンでも良いことになります。主な不都合は、LVS router が来信と発信の両方の要求を 処理する必要があるため、大量のクラスタ導入では LVS router が流通のネックになる可能性がある ことです。