Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.3. Piranha Configuration Tool サービスの開始

Piranha Configuration Tool の為のパスワードを設定したら、次には /etc/rc.d/init.d/piranha-gui 内にある piranha-gui を 開始、又は再開始します。これを実行するには、root として以下のコマンドを入力します:
/sbin/service piranha-gui start
or
/sbin/service piranha-gui restart
Issuing this command starts a private session of the Apache HTTP Server by calling the symbolic link /usr/sbin/piranha_gui -> /usr/sbin/httpd. For security reasons, the piranha-gui version of httpd runs as the piranha user in a separate process. The fact that piranha-gui leverages the httpd service means that:
  1. Apache HTTP Server がシステム上にインストールしてある必要があります。
  2. service コマンドを使って Apache HTTP Server を停止したり再開始したりすると piranha-gui サービスが停止します。

警告

LVS router 上で /sbin/service httpd stop 又は /sbin/service httpd restart のコマンドが発行された場合、以下のコマンドを発行して piranha-gui を開始する必要があります:
/sbin/service piranha-gui start
The piranha-gui service is all that is necessary to begin configuring LVS. However, if you are configuring LVS remotely, the sshd service is also required. You do not need to start the pulse service until configuration using the Piranha Configuration Tool is complete. See 「LVS の開始」 for information on starting the pulse service.

2.3.1. Piranha Configuration Tool Web サーバーポートの設定

Piranha Configuration Tool はデフォルトで、ポート 3636 上で稼働します。 このポート番号を変更するには、piranha-gui Web サーバー設定ファイル、 /etc/sysconfig/ha/conf/httpd.conf のセクション 2 内で Listen 3636 の行を変更します。
Piranha Configuration Tool を使用するには、最低でもテキスト Web ブラウザが 必要になります。主要 LVS router 上で Web ブラウザを開始する場合は、ロケーション http://localhost:3636 を開きます。 localhost の部分を主要 LVS router の ホスト名、又は IP アドレスで 入れ替えることにより Web ブラウザを通じてどこからでも Piranha Configuration Tool に 到達できます。
ブラウザが Piranha Configuration Tool に接続すると、ログインして設定 サービスに アクセスします。ユーザー名(Username) フィールドに piranha と入力して パスワード(Password) フィールドに piranha-passwd で設定したパスワードを入力します。
Piranha Configuration Tool が稼働している状態になると、ネットワーク上で このツールにアクセスできるメンバーを制限するのが良いでしょう。次のセクションでは、この タスクを達成する方法を説明します。