Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.6. ネットワークパケットフィルター設定の保存

ユーザーの状況に応じた適切なネットワークパケットフィルタを設定した後は、 そのセッティングを保存して再起動後にそれが復帰するようにします。 iptables 用には以下のコマンドを使用します:
/sbin/service iptables save
これが /etc/sysconfig/iptables 内の設定を保存し、設定は起動時に 再度呼び出し可能になります。
Once this file is written, you are able to use the /sbin/service command to start, stop, and check the status (using the status switch) of iptables. The /sbin/service will automatically load the appropriate module for you. For an example of how to use the /sbin/service command, see Piranha Configuration Tool サービスの開始」.
Finally, you need to be sure the appropriate service is set to activate on the proper runlevels. For more on this, see 「LVS Router 上でサービスの設定」.
次の章では、Piranha Configuration Tool を使用して LVS router を設定する方法を説明し、LVS をアクティブにするのに必要な手順を案内しています。