Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.3. 設定の収束

上記の routing メソッドのうち使用するものを決定した後は、ハードウェアは ネットワーク上で一緒にリンクしてある必要があります。

重要

LVS router 上のアダプタデバイスは、同じネットワークにアクセスするように設定しなければ なりません。例えば、eth0 が公共ネットワークに接続して、 eth1 がプライベートネットワークに接続する場合、バックアップ LVS router 上の同じデバイスは、同じネットワークに接続する必要があります。
また、起動時に最初に出現するインターフェイスにリストされているゲートウェイは、 routing 表に追加され、他のインターフェイスにリストされた結果的に出るゲート ウェイは無視されます。これは、実サーバーを設定する場合に特に考慮すべき 重要点です。
ハードウェアを物理的に接続した後は、主要 LVS router と バックアップ LVS router 上で ネットワークインターフェイスを設定します。これは、system-config-network などのグラフィカルアプリケーションを使用するか、又は手動でネットワークスクリプトを編集することで達成できます。system-config-network を使用した デバイスの追加に関する詳細情報には、『Red Hat Enterprise Linux 導入ガイド』 内にある 『ネットワーク設定』 を参照してください。この章の残りの部分では、 ネットワークインターフェイスへの変更の例は手動か、あるいは Piranha Configuration Tool を 介して実行されます。

3.3.1. 全般的 LVS ネットワーキングのヒント

Piranha Configuration Tool を使用して LVS の設定を試みる前に、 LVS router 上で、公共ネットワークとプライベートネットワークの両方用に実 IP アドレスを 設定します。各トポロジーのセクションはサンプルのネットワークアドレスを与えていますが、 本当のネットワークアドレスが必要になります。以下にネットワークインターフェイスの立ち上げと それらのステータスチェックに役に立つコマンドを示します。
実ネットワーキングインターフェイスの立ち上げ
実ネットワークインターフェイスを立ち上げるには、root として以下のコマンドを実行して、 N の部分をインターフェイスに相当する番号で入れ替えます。 (eth0eth1
/sbin/ifup ethN

警告

Do not use the ifup scripts to bring up any floating IP addresses you may configure using Piranha Configuration Tool (eth0:1 or eth1:1). Use the service command to start pulse instead (see 「LVS の開始」 for details).
実ネットワークインターフェイスの停止
実ネットワークインターフェイスを停止するには、root で以下のコマンドを使用して、 N の部分をインターフェイスに相当する番号で入れ替えます。 (eth0eth1)
/sbin/ifdown ethN
ネットワークインターフェイスのステータスチェック
任意の時点で起動しているネットワークインターフェイスをチェックするには、以下を 入力します:
/sbin/ifconfig
あるマシンの routing テーブルを表示するには、以下のコマンドを発行します:
/sbin/route