Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. A Three-Tier LVS Configuration

図1.2「A Three-Tier LVS Configuration」 shows a typical three-tier LVS topology. In this example, the active LVS router routes the requests from the Internet to the pool of real servers. Each of the real servers then accesses a shared data source over the network.
A Three-Tier LVS Configuration

図1.2 A Three-Tier LVS Configuration

この設定は頻繁に稼働する FTP サーバー用に理想的であり、そこではアクセス可能なデータは 中央の高度可用性サーバーに保存されており、エキスポートされた NFS ディレクトリや Samba 共有などを介してそれぞれの実サーバーからアクセスを受けます。このトポロジーは また、トランザクション用の中央高度可用性データベースにアクセスするウェブサイトの為に 推薦できるものです。更には、Red Hat Cluster Manager でアクティブ/アクティブ設定を使用すると、管理者は これらの役目を両方共同時にサービスできる高度可用性クラスタを構成することができます。
上記の例で、三番目の層は Red Hat Cluster Manager を使用する必要がありませんが、高度可用性の ソリューションを使用しそこなうと重大な単一故障箇所の発生を招く可能性が出てきます。