Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.9.3. LVM 報告の分別

通常、lvsvgs、又は pvs のコマンドの全出力は、生成して保存した後に 分別して正しくコラムに列記されるものです。--unbuffered 引数を 指定すると、それを生成直後に分別されないままの出力で表示することができます。
別の順列でコラム一覧の分別を指定するには、報告コマンドのいずれかと一緒に -O 引数を使用します。出力自身の中にこれらのフィールドを含める必要はありません。
以下の例では、物理ボリュームの名前、サイズ、及び空き領域を表示する pvs コマンドの出力を示しています。
# pvs -o pv_name,pv_size,pv_free
  PV         PSize  PFree
  /dev/sdb1  17.14G 17.14G
  /dev/sdc1  17.14G 17.09G
  /dev/sdd1  17.14G 17.14G
以下の例では、空き領域のフィールドで分別された同じ出力を示しています。
# pvs -o pv_name,pv_size,pv_free -O pv_free
  PV         PSize  PFree
  /dev/sdc1  17.14G 17.09G
  /dev/sdd1  17.14G 17.14G
  /dev/sdb1  17.14G 17.14G
以下の例では、分別するフィールドを表示する必要がないことを示しています。
# pvs -o pv_name,pv_size -O pv_free
  PV         PSize
  /dev/sdc1  17.14G
  /dev/sdd1  17.14G
  /dev/sdb1  17.14G
逆順で分別するには、 -O 引数の後で指定するフィールドの先頭に- 印を付けます。
# pvs -o pv_name,pv_size,pv_free -O -pv_free
  PV         PSize  PFree
  /dev/sdd1  17.14G 17.14G
  /dev/sdb1  17.14G 17.14G
  /dev/sdc1  17.14G 17.09G