Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.7. オンラインデータ移動

pvmove コマンドを使用すると、システムの使用中に データを移動することができます。
pvmove コマンドは、移動する予定のデータをセクション単位に分割して、 一時的にミラーを作成して各セクションを移動します。pvmove コマンドの 機能運用に関する情報には、pvmove(8) man ページをご覧下さい。
Because the pvmove command uses mirroring, it is not cluster-aware and needs exclusive access to a volume. For information on activating logical volumes on individual nodes in a cluster, see 「クラスタ内の個別ノード上の論理ボリュームをアクティベート」.
以下のコマンドは全ての割り当て領域を、物理ボリューム /dev/sdc1 から ボリュームグループ内の他の空き物理ボリュームへ移動します:
pvmove /dev/sdc1
以下のコマンドは論理ボリューム MyLV のエクステントのみを移動します。
pvmove -n MyLV /dev/sdc1
pvmove コマンドはその実行に長時間を要するため、前面の 進行状況表示を避けるようにバックグラウンドでコマンドを実行する方が良いでしょう。 以下のコマンドは、物理ボリューム /dev/sdc1 に割り当てられている 全てのエクステントを、バックグランドで /dev/sdf1 に移動します。
pvmove -b /dev/sdc1 /dev/sdf1
以下のコマンドは移動の進捗状態を5秒間隔でパーセントで報告します。
pvmove -i5 /dev/sdd1