Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録D LVM ボリュームグループメタデータ

ボリュームグループの設定詳細は、メタデータと呼ばれます。デフォルトでは、メタデータの同一コピーが、ボリュームグループ内の全ての物理ボリュームの全ての メタデータエリアで維持されています。LVM ボリュームグループメタデータは小容量の ASCII として保存されます。
ボリュームグループが多くの物理ボリュームを含む場合、それだけ多くのメタデータの 冗長コピーを持つことは効率的ではありません。メタデータのコピー無しで物理ボリュームを 作成するには、pvcreate コマンドで --metadatacopies 0 オプションを使用することで達成できます。物理ボリュームが含むべきメタデータコピーの 数量を選択すると、もうそれは後で変更できません。0 コピーを選択すると、設定変更での更新が 迅速になります。しかし、注意することは、全てのボリュームグループは常時、メタデータエリア1つを持つ 物理ボリュームを最低1つ含む必要があることです。(高度な設定を使用してボリュームグループメタデータを ファイルシステム内に保存できる場合を除く)将来、ボリュームグループを分割する予定がある場合は、 それぞれのボリュームグループに、最低1つのメタデータが必要となります。
核となるメタデータは ASCII 形式で保存されます。メタデータエリアは循環バッファです。 新規のメタデータは古いメタデータに追記され、それからその開始点への指標が更新されます。
メタデータエリアのサイズは、pvcreate コマンドで --metadatasize オプションを使用して指定することができます。デフォルトのサイズは、多数の論理ボリュームや物理ボリュームを持つボリュームグループには小さすぎます。

D.1. 物理ボリュームラベル

デフォルトでは、 pvcreate コマンドは 物理ボリュームラベルを 2 番めの 512-byte セクターに配置します。 物理ボリュームラベルをスキャンする LVM ツールが 最初の 4つのセクターをチェックするため、このラベルはオプションとしてその 4 つのセクターのいずれかに配置することができます。物理ボリュームラベルは文字列 LABELONE で始まります。
物理ボリュームラベルが含むもの:
  • 物理ボリューム UUID
  • ブロックデバイスの容量 (バイト)
  • データエリアロケーションの NULL-終了一覧
  • メタデータエリアロケーションの NULL-終了一覧
メタデータロケーションはオフセット及びサイズ(バイト)として保存されます。 ラベルには、15 ロケーション用のスペースがありますが、LVM ツールは現在 3つしか使いません:1つのデータエリアと最大で2つのメタデータエリアです。