Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4. 論理ボリュームバックアップ

メタデータのバックアップとアーカイブは、lvm.conf ファイル内で無効になっていない限り、全てのボリュームグループと論理ボリューム設定の変更時に自動的に作成されます。デフォルトでは、メタデータバックアップは /etc/lvm/backup ファイルに保存され、メタデータアーカイブは /etc/lvm/archive ファイルに保存されます。 メタデータアーカイブが /etc/lvm/archive ファイルに保存される期間と保存されるアーカイブファイルの数量は、lvm.conf ファイル内で設定するパラメータにより決定されます。毎日のシステムバックアップは、バックアップ内に /etc/lvm ディレクトリの内容を含んでいる必要があります。
メタデータバックアップは、論理ボリュームに含まれているユーザーとシステムのデータは バックアップしません。
You can manually back up the metadata to the /etc/lvm/backup file with the vgcfgbackup command. You can restore metadata with the vgcfgrestore command. The vgcfgbackup and vgcfgrestore commands are described in 「ボリュームグループメタデータのバックアップ」.