Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第30章 VNC 経由でのインストール

多くのエンタープライズお客様は、データセンターのシステムで対話型インストールを実行します。多くの場合、これらのシステムはラック環境にインストールされ、ディスプレイ、キーボード、またはマウスがないことが多いです。また、このようなシステムの多くは、グラフィカルディスプレイへの接続機能に欠かせません。エンタープライズハードウェアが物理システムでこの機能を必要とすることはほとんどありませんが、このハードウェア設定は受け入れ可能です。
Red Hat Enterprise Linux インストーラー(anaconda)は、ユーザーに対話可能な操作モードを 2 つ提供します。元のモードはテキストベースのインターフェイスです。新しいモードは GTK+ を使用し、X Window 環境で実行されます。本書の目的は、通常ワークステーションに関連付けられている適切なディスプレイと入力デバイスがなくても、エンタープライズ環境でグラフィカルインストールモードを使用する方法を説明することです。
ドキュメントの背後にある主要なドライバーは、エンタープライズ環境でもグラフィカルインストーラーの使用を推奨することです。テキストモード環境には、グラフィカルモードの機能が数多くありません。多くのユーザーは、テキストモードのインターフェイスで、グラフィカルバージョンには見つからない追加の電源や設定機能を提供していると感じています。逆は true です。テキストモード環境や特定の機能(LVM 設定など)には、非常に少ない開発作業が行われ、テキストモード環境からは意図的に残されます。その理由は次のとおりです。
  • グラフィカルモードにあるようなユーザーインターフェイスを作成するための画面実状態が少なくて済みます。
  • 困難な国際化サポート。
  • 単一の対話型インストールコードパスを維持する必要があります。
なぜなら、これらすべての理由、エンタープライズのお客様は、anaconda で提供される Virtual Network Computing (VNC)モードを使用する必要があります。VNC を使用すると、インストーラーのグラフィカルモードがローカルで実行できますが、ネットワークに接続されているシステムに表示されます。

30.1. VNC ビューアー

VNC インストールを実行するには、ワークステーションまたはその他の端末コンピューターで VNC ビューアーを実行する必要があります。VNC ビューアーをインストールする場所:
  • お使いのワークステーション
  • データセンタークラッシュカート上のラップトップ
VNC is open source software licensed under the GNU General Public License.Linux、Windows、および MacOS X にはバージョンが存在します。以下は、推奨される VNC ビューアーです。
  • vncviewer は、vnc パッケージをインストールすることで Red Hat Enterprise Linux で利用できます。
    # yum install vnc
  • TightVNC は Windows ( http://www.tightvnc.com/)から入手できます。
  • macOS X には、バージョン 10.5 の時点で、ビルトイン VNC サポートが含まれています。FinderGo メニューをクリックし、Connect to Server を選択します。server address フィールドに vnc://SERVER:DISPLAY を入力できます。ここで、SERVER は接続先の VNC サーバーの IP アドレスまたは DNS ホスト名で、DISPLAY は VNC ディスプレイ番号(通常は 1)で、Connect をクリックします。
VNC ビューアーが利用できることを確認したら、インストールを開始します。