Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.6.2. ネットワークデバイスを追加するためのクイックリファレンス

IBM System z にネットワークインターフェイスを追加する基本的なタスクがいくつかあります。
  • デバイスドライバーを読み込みます。
  • グループデバイスを作成します。
  • デバイスを設定します。
  • デバイスをオンラインに設定します。
  • エイリアスを定義します(必要な場合)。
  • 設定スクリプトを作成します。
  • デバイスをアクティベートします。
以下のセクションでは、各 IBM System z ネットワークデバイスドライバーの各タスクの基本情報を提供します。

22.6.2.1. LCS デバイスドライバーの使用

LAN チャネルファイバーチャネル(LCS)デバイスドライバーは、QDIO 以外のモードで OSA-2 Ethernet/Token Ring、OSA-Express Fast イーサネット、および QDIO 以外のモードの OSA-Express High Speed Token Ring をサポートします。z990 の場合、LCS ドライバーは QDIO 以外のモード(1000Base-T を含む)のギガビットイーサネットもサポートします。
追加するインターフェイスのタイプに基づいて、LCS ドライバーは、OSA-Express Fast イーサネットの場合は ethn、トークンリング用のギガビットイーサネット trn の 2 つのベースインターフェイス名のいずれかを割り当てます。ここで、n はデバイスを一意に識別する整数です。n はそのタイプの最初のデバイスの場合は 0、2 番目のデバイスの場合は 1 です。
  • デバイスドライバーを読み込みます。
    # modprobe lcs
  • グループデバイスを作成します。
    # echo read_device_bus_id,write_device_bus_id >
    		/sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/group
    このコマンドの長さが原因で、2 行に分割されました。
  • デバイスを設定します。
    OSA カードは、CHPID 1 つにつき最大 16 ポートまで提供できます。デフォルトでは、LCS グループデバイスはポート 0 を使用します。別のポートを使うには、次のようなコマンドを実行します。
    # echo portno > /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/device_bus_id/portno
    LCS ドライバーの設定に関する詳細は、以下を参照してください。
    http://www-05.ibm.com/e-business/linkweb/publications/servlet/pbi.wss?CTY=US&FNC=SRX&PBL=SC33-8289-02 (Linux for IBM System z and S/390 デバイスドライバー、機能、およびコマンド)
  • デバイスをオンラインに設定します。
    # echo 1 > /sys/bus/ccwgroup/drivers/lcs/read_device_bus_id/online
  • エイリアスを定義します。
    追加するタイプインターフェイスに基づいて、以下のいずれかのような /etc/modprobe.conf に行を追加します。
    ethn alias lcs
    trn alias lcs
  • 設定スクリプトを作成します。
    以下のような名前で、/etc/sysconfig/network-scripts/ にファイルを作成します。
    ifcfg-ethn
    ifcfg-trn
    このファイルは以下のようになります。
    /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
    # IBM LCS
    DEVICE=eth0
    BOOTPROTO=static
    HWADDR=00:06:29:FB:5F:F1
    IPADDR=9.12.20.136
    NETMASK=255.255.255.0
    ONBOOT=yes
    NETTYPE=lcs
    SUBCHANNELS=0.0.09a0,0.0.09a1
    PORTNAME=0
    TYPE=Ethernet
    追加する type インターフェイスに基づいて、DEVICE パラメーターは以下のいずれかである必要があります。
    DEVICE=ethn
    DEVICE=trn
  • デバイスをアクティベートします。
    追加する type インターフェイスに基づいて、ifup コマンドを実行します。
    # ifup ethn
    # ifup trn