Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.2. IBM System i または IBM System p のインストールプログラムを起動する

IBM System i または IBM System p のシステムを CD-ROM から起動するには、 System Management Services (SMS) メニューでインストールブートデバイスを指定しなければなりません。
System Management Services GUIを入力するには、ブートプロセス中にチャイム音が鳴ったら 1 キーを押します。これにより、このセクションで説明しているようなグラフィカルなインターフェースが現われます。
テキストコンソールで、テストされたコンポーネントと共にセルフテストがバナーを表示しているとき、1 を押します。
SMS コンソール

図12.1 SMS コンソール

SMS メニューに入ったら、Select Boot Options のオプションを選択します。そのメニューで、Select Install or Boot a Device を指定します。そこで、CD/DVD を選択して、バスタイプ(ほとんどの場合 SCSI) を選択します。不確かな場合は、すべてのデバイスを表示する選択ができます。これは、ネットワークアダプタ及びハードドライブなど、ブートデバイスに使用できるすべてのバスをスキャンします。
最後に、インストール CD を格納しているデバイスを選択します。YABOOT がこのデバイスからロードされ、boot: プロンプトが表示されます。Enter を押すか、タイプアウトが切れるまで待つとインストールが開始します。
If you are booting via the network, use the images/netboot/ppc64.img file on CD #1.