Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.4. ネットワークからのインストールの準備

CD、DVD、またはフラッシュドライブなどの USB ストレージデバイスで使用可能なブートメディアがあることを確認します。
Red Hat Enterprise Linux インストールメディアは、ネットワークインストール (NFS、FTP、または HTTP 経由) またはローカルストレージ経由のインストールに使用できる必要があります。NFS、FTP、または HTTP インストールを実行している場合は、次の手順を使用します。
ネットワーク経由でインストールに使用する NFS、FTP、または HTTP サーバーは、インストール DVD-ROM またはインストール CD-ROM の完全なコンテンツを提供できる別のマシンである必要があります。
注記
以下の例では、インストールファイルが含まれるインストールステージングサーバーのディレクトリーは /location/of/disk/space として指定されます。FTP、NFS、または HTTP 経由で一般に公開されるディレクトリーは、/publicly/available/directory として指定されます。たとえば、/location/of/disk/space は、/var/isos という名前のディレクトリーになります。HTTP インストールの場合、/publicly/available/directory/var/www/html/rhel5 である可能性があります。
インストール DVD または CD-ROM から、インストールステージングサーバーとして動作する Linux マシンにファイルをコピーするには、以下の手順を実行します。
  • 次のコマンド(DVD の場合)を使用して、インストールディスクから iso イメージを作成します。
    dd if=/dev/dvd of=/location/of/disk/space/RHEL5.iso
    ここで、dvd は DVD ドライブデバイスを指します。

16.4.1. FTP および HTTP インストールの準備

NFS、FTP、または HTTP インストールのインストールツリーを設定する場合は、RELEASE-NOTES ファイルとすべてのファイルを、すべてのオペレーティングシステムの ISO イメージにある RedHat ディレクトリーからコピーする必要があります。Linux および UNIX システムでは、以下のプロセスがサーバーにターゲットディレクトリーを適切に設定します(CD-ROM/ISO イメージごとに繰り返します)。
  1. CD-ROM または DVD-ROM を挿入します。
  2. mount /media/cdrom
  3. Server バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Server < target-directory> を実行します。
    Client バリアントをインストールする場合は、cp -a /media/cdrom/Client < target-directory> を実行します。
  4. cp /media/cdrom/RELEASE-NOTES* <target-directory> (インストール CD 1 または DVD のみ)
  5. cp /media/cdrom/images &lt ;target-directory&gt; (インストール CD 1 または DVD のみ)
  6. umount /media/cdrom
(ここで は、<target-directory > はインストールツリーを含むディレクトリーへのパスを表します)。
注記
Supplementary ISO イメージまたはレイヤード製品の ISO イメージは、Anaconda の適切な操作に必要なファイルを上書きするため、コピーし ない でください。
これらの ISO イメージは、Red Hat Enterprise Linux のインストール にインストールする必要があります。
次に、/publicly/available/directory ディレクトリーが FTP または HTTP で共有されていることを確認し、クライアントアクセスを確認します。ディレクトリーがサーバー自体からアクセスできるかどうかを確認してから、インストールする同じサブネット上の別のマシンから確認することができます。