Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.3. RAID ベース及びマルチパスのストレージを設定するのに mdadm を使用する

raidtools パッケージセットから成る他のツールと同様、mdadm コマンドは複数デバイスセットの管理に関連する必要な機能すべてを行なうために使用することができます。このセクションでは mdadm の使用方法について説明していきます。
  • RAID デバイスを作成する
  • マルチパスデバイスを作成する

22.3.1. mdadm で RAID デバイスを作成する

RAID デバイスを作成するには、/etc/mdadm.conf ファイルを編集して適切な DEVICEARRAY の値を定義します。
DEVICE /dev/sd[abcd]1
ARRAY /dev/md0 devices=/dev/sda1,/dev/sdb1,/dev/sdc1,/dev/sdd1
この例では、DEVICE の行は従来のファイル名 globbing を使用して次の SCSI デバイスを定義しています(詳細は glob(7) の man ページを参照)。
  • /dev/sda1
  • /dev/sdb1
  • /dev/sdc1
  • /dev/sdd1
ARRAY の行は、DEVICE の行で定義された SCSI デバイスから構成される RAID デバイス (/dev/md0) を定義します。
RAID デバイスの作成、使用を行なう前には、/proc/mdstat ファイルはアクティブな RAID デバイスがないことを表示します。
Personalities :
read_ahead not set
Event: 0
unused devices: none
次に、上記の設定と mdadm コマンドを使って RAID 0 アレイを作成します。
mdadm -C /dev/md0 --level=raid0 --raid-devices=4 /dev/sda1 /dev/sdb1 /dev/sdc1 \
/dev/sdd1
Continue creating array? yes
mdadm: array /dev/md0 started.
作成が完了したら、RAID デバイスはいつでも問い合わせを受けて状態情報を提供できるようになります。次の例では、mdadm --detail /dev/md0 コマンドからの出力を表示しています。
/dev/md0:
Version : 00.90.00
Creation Time : Mon Mar  1 13:49:10 2004
Raid Level : raid0
Array Size : 15621632 (14.90 GiB 15.100 GB)
Raid Devices : 4
Total Devices : 4
Preferred Minor : 0
Persistence : Superblock is persistent

Update Time : Mon Mar  1 13:49:10 2004
State : dirty, no-errors
Active Devices : 4
Working Devices : 4
Failed Devices : 0
Spare Devices : 0

Chunk Size : 64K

      Number   Major   Minor   RaidDevice State
         0       8        1        0      active sync   /dev/sda1
         1       8       17        1      active sync   /dev/sdb1
         2       8       33        2      active sync   /dev/sdc1
         3       8       49        3      active sync   /dev/sdd1
           UUID : 25c0f2a1:e882dfc0:c0fe135e:6940d932
         Events : 0.1