Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.7. カーネル関連の詳細

Red Hat Enterprise Linux には、Linux カーネルタイマー割り込みが処理される方法の修正が含まれています。通常は、ハードウェアタイマーは 固定レート(ほとんどのアーキテクチャで100回/秒)で定期的な割り込みを生成するようにセットされています。これらの定期タイマー割り込みはカーネルが、プロセススケジュール、アカウント、システムアップタイムの管理などの各種内部維持管理タスクをスケジュールするのに使用されます。
タイマーベースの方法はカーネルのコピーが 1 つのみ実行しているシステム環境では正常に機能しますが、数多くのカーネルコピーが単一システム上で実行されると(例、z/VM(R) ゲストとして)余分なオーバーヘッドを起こす原因となることがあります。こうした場合、数千のカーネルコピーがそれぞれ 1 秒間に重複して割り込みを生成することにより過剰なシステムオーバーヘッドを招く恐れがあります。
その為、Red Hat Enterprise Linux は現在はこの定期タイマー割り込み機能をオフにする設定を含んでいます。これは、/proc/ ファイルシステムを通じて実行されます。 定期タイマー割り込みを無効にするには、以下のコマンドを発行します:
 echo 0 > /proc/sys/kernel/hz_timer
周期的なタイマー割り込みを有効にするには、次のコマンドを発行します。
 echo 1 > /proc/sys/kernel/hz_timer
デフォルトで、定期的なタイマー割り込みは無効になっています。
周期的なタイマー割り込みの状態をブート時に設定することもできます。これを行なうには、次の行を /etc/sysctl.conf に追加して周期的なタイマー割り込みを無効にします。
 kernel.hz_timer = 0

注記

周期的なタイマー割り込みを無効にすることによりシステムのアカウンティングツールでの基本的な推測を妨害してしまう可能性があります。システムアカウンティングに関連する誤動作があった場合には、周期的なタイマー割り込みを有効にするとその誤動作が解消されるかを確認してから、http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/ でバグをサブミットするか(同梱ツールが誤動作の場合)、ツールベンダに連絡してください(市販ツールが誤動作の場合)。