Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.8. ディスプレー設定

If you are installing the X Window System, you can configure it during the kickstart installation by checking the Configure the X Window System option on the Display Configuration window as shown in 図29.11「X の設定 - 全般」. If this option is not chosen, the X configuration options are disabled and the skipx option is written to the kickstart file.

29.8.1. 全般

X設定の最初のステップとして、デフォルトの色の深さと 解像度を選択します。それぞれ対応するプルダウンメニューで 選択します。必ず、システムのビデオカード及びモニタと互換性 がある色の深さと解像度を指定してください。
X の設定 - 全般

図29.11 X の設定 - 全般

GNOME デスクトップと KDE デスクトップの両方をインストールする場合、 どちらをデフォルトにするか選択する必要があります。デスクトップをひとつだけインストールする場合は、必ずそのデスクトップを選択するよう注意してください。システムがインストールされると、ユーザーはデフォルトしたい方のデスクトップを選択できます。
次に、システムがブートする時に X ウィンドウシステム を起動するかどうかを選択します。 このオプションはシステムをグラフィカルログイン画面を持つランレベル 5 で開始します。 システムがインストールされた後では、この設定は /etc/inittab 設定ファイルを修正することで変更できます。
システムが初めて再起動する時に、セットアップエージェント をスタートするかどうか選択できます。デフォルトでは、無効になっていますが、設定は有効に変更 可能であり、又は再設定モード内で有効にすることができます。再設定モードでは言語、マウス、キーボード、 root パスワード、セキュリティレベル、タイムゾーン、及びネットワーク設定のオプションを デフォルト設定以外に選択することができます。