Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.10. インストール前のスクリプト

インストール前のスクリプト

図29.15 インストール前のスクリプト

キックスタートファイルの構文を解析した直後、インストールを開始 する前にシステムで実行されるコマンドを追加できます。 キックスタートファイルでネットワークを設定している場合、 ネットワークはこのセクションが処理される前に有効になります。 インストール前のスクリプトを含ませるには、テキストエリアに 入力します。
スクリプトを実行するのに使用するスクリプト言語を指定するには、 インタプリタを使う オプションを選択して、その横のテキストボックスに インタプリタを記入します。例えば、Python スクリプトには /usr/bin/python2.4 を指定します。このオプションは、キックスタートファイル内で %pre --interpreter /usr/bin/python2.4 を使用することに相当します。
インストール前の環境内で利用できるコマンドの多くはbusybox-anaconda と呼ばれる busybox のバージョンで提供されています。busybox 供給のコマンドは 全機能を提供するものではなく、一般に良く使用される機能のみを供給します。以下に busybox で提供されるコマンドを含むコマンドのリストを 示します:
addgroup, adduser, adjtimex, ar, arping, ash, awk, basename, bbconfig, bunzip2, busybox, bzcat, cal, cat, catv, chattr, chgrp, chmod, chown, chroot, chvt, cksum, clear, cmp, comm, cp, cpio, crond, crontab, cut, date, dc, dd, deallocvt, delgroup, deluser, devfsd, df, diff, dirname, dmesg, dnsd, dos2unix, dpkg, dpkg-deb, du, dumpkmap, dumpleases, e2fsck, e2label, echo, ed, egrep, eject, env, ether-wake, expr, fakeidentd, false, fbset, fdflush, fdformat, fdisk, fgrep, find, findfs, fold, free, freeramdisk, fsck, fsck.ext2, fsck.ext3, fsck.minix, ftpget, ftpput, fuser, getopt, getty, grep, gunzip, gzip, hdparm, head, hexdump, hostid, hostname, httpd, hush, hwclock, id, ifconfig, ifdown, ifup, inetd, insmod, install, ip, ipaddr, ipcalc, ipcrm, ipcs, iplink, iproute, iptunnel, kill, killall, lash, last, length, less, linux32, linux64, ln, load_policy, loadfont, loadkmap, login, logname, losetup, ls, lsattr, lsmod, lzmacat, makedevs, md5sum, mdev, mesg, mkdir, mke2fs, mkfifo, mkfs.ext2, mkfs.ext3, mkfs.minix, mknod, mkswap, mktemp, modprobe, more, mount, mountpoint, msh, mt, mv, nameif, nc, netstat, nice, nohup, nslookup, od, openvt, passwd, patch, pidof, ping, ping6, pipe_progress, pivot_root, printenv, printf, ps, pwd, rdate, readlink, readprofile, realpath, renice, reset, rm, rmdir, rmmod, route, rpm, rpm2cpio, run-parts, runlevel, rx, sed, seq, setarch, setconsole, setkeycodes, setlogcons, setsid, sh, sha1sum, sleep, sort, start-stop-daemon, stat, strings, stty, su, sulogin, sum, swapoff, swapon, switch_root, sync, sysctl, tail, tar, tee, telnet, telnetd, test, tftp, time, top, touch, tr, traceroute, true, tty, tune2fs, udhcpc, udhcpd, umount, uname, uncompress, uniq, unix2dos, unlzma, unzip, uptime, usleep, uudecode, uuencode, vconfig, vi, vlock, watch, watchdog, wc, wget, which, who, whoami, xargs, yes, zcat, zcip
前のコマンドの一部は busybox で提供されており、 その幾つかは完全機能バージョンで提供されています。上記のコマンドに加えて、 以下のコマンドもその完全機能バージョンで提供されています:
anaconda bash bzip2 jmacs ftp head joe kudzu-probe list-harddrives loadkeys mtools mbchk mtools mini-wm mtools jpico pump python python2.4 raidstart raidstop rcp rlogin rsync setxkbmap sftp shred ssh syslinux syslogd tac termidx vncconfig vncpasswd xkbcomp Xorg Xvnc zcat

警告

%pre コマンドは含まないで下さい。そのまま追加されます。

注記

インストール前のスクリプトはソースメディアがマウントされて、ブートローダの 第二段階がロードされた後に実行されます。この理由で、インストール前のスクリプトで ソースメディアを変更することは出来ません。