Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.11. インストール後のスクリプト

インストール後のスクリプト

図29.16 インストール後のスクリプト

インストール完了後にシステムで実行されるコマンドも追加 できます。キックスタートファイルに適切なネットワーク設定が されていれば、ネットワークは有効になり、スクリプトは ネットワーク上でリソースにアクセスするためのコマンドを 含むことができます。キックスタートファイルに含める インストール後のスクリプトをテキストエリアに入力します。

警告

%post コマンドは含まないで下さい。そのまま追加されます。
例えば、新規インストールのシステム用の本日のメッセージを変更するには、 以下のコマンドを %post セクションに追加します:
echo "Hackers will be punished!" > /etc/motd

注記

More examples can be found in 「スクリプトの例」.

29.11.1. chroot 環境

chroot 環境外でインストール後のスクリプトを実行するには、Post-Installation ウィンドウ上部にあるこのオプションの横のチェック ボックスをクリックします。これは、%post セクションの --nochroot オプションの使用と同等です。
新しくインストールしたファイルシステムに変更を加えるには、インストール後セクションの中で、且つ chroot 環境の外部で、ディレクトリ名の前に /mnt/sysimage/ を付ける必要があります。
例えば、chroot 環境の外で実行 を選択した場合、先程の例は 以下のように変更される必要があります:
echo "Hackers will be punished!" > /mnt/sysimage/etc/motd