Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

31.2. PXEブート設定

次のステップは、tftp サーバーへのインストールを開始するのに必要なファイルをコピーして、クライアントがそれを要求する時に発見できるようにします。tftp サーバーは通常、インストールツリーをエキスポートするネットワークサーバーと同じサーバーです。
これらのファイルをコピーするには、NFS、 FTP、HTTP のいずれかのサーバーでNetwork Booting Tool を実行します。別のPXE サーバーは必要ありません。

31.2.1. コマンドラインの設定

If the network server is not running X, the pxeos command line utility, which is part of the system-config-netboot package, can be used to configure the tftp server files as described in 「TFTPD」:
pxeos -a -i "<description>" -p <NFS|HTTP|FTP> -D 0 -s client.example.com \ 
-L <net-location> -k <kernel> -K <kickstart> <os-identifer>
次の一覧ではオプションを説明しています。
  • -a — OSインスタンスが PXE 設定に追加されることを指定します。
  • -i "<description>" — Replace "<description>" with a description of the OS instance.
  • -p <NFS|HTTP|FTP> — Specify which of the NFS, FTP, or HTTP protocols to use for installation. Only one may be specified.
  • -D <0|1> — Specify "0" which indicates that it is not a diskless configuration since pxeos can be used to configure a diskless environment as well.
  • -s client.example.com-s オプションの後に、NFS か FTP か HTTP のサーバーの名前を添えます。
  • -L <net-location> — Provide the location of the installation tree on that server after the -L option.
  • -k <kernel> — Provide the specific kernel version of the server installation tree for booting.
  • -K <kickstart> — Provide the location of the kickstart file, if available.
  • <os-identifer> — Specify the OS identifier, which is used as the directory name in the /tftpboot/linux-install/ directory.
If FTP is selected as the installation protocol and anonymous login is not available, specify a username and password for login, with the following options before <os-identifer> in the previous command:
-A 0 -u <username> -p <password>
pxeos コマンド用に使用できるコマンドラインオプションに関する情報は pxeos の man ページでご覧下さい。