Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.10. キックスタートインストールの開始

キックスタートインストールを始めるには、自作のブートメディア、又は Red Hat Enterprise Linux CD-ROM #1 からシステムをブートして、ブートプロンプトで特別な ブートコマンドを入力する必要があります。ks コマンド行の 引数がカーネルに渡されると、インストールプログラムがキックスタートファイルを 探し始めます。
CD-ROM #1 とフロッピーディスク
The linux ks=floppy command also works if the ks.cfg file is located on a vfat or ext2 file system on a diskette and you boot from the Red Hat Enterprise Linux CD-ROM #1.
もう1つのブートコマンドは、 Red Hat Enterprise Linux CD-ROM #1 からブートして、フロッピィ上の vfat 又は ext2 ファイルシステム上にキックスタートファイルを持つことです。 これを実行するには、boot: プロンプトで以下のコマンドを実行します:
linux ks=hd:fd0:/ks.cfg
ドライバディスクを使用
キックスタートでドライバディスクを使用する必要がある場合、dd も 指定します。例えば、ブートフロッピィからブートしてドライバディスクを使用し、boot: プロンプトで以下のコマンドを入力します:
linux ks=floppy dd
ブート CD-ROM
If the kickstart file is on a boot CD-ROM as described in 「キックスタートブートメディアの作成」, insert the CD-ROM into the system, boot the system, and enter the following command at the boot: prompt (where ks.cfg is the name of the kickstart file):
linux ks=cdrom:/ks.cfg
キックスタートインストールを開始するその他の オプションは以下の通りです:
askmethod
使用中の CD-ROM ドライブに Red Hat Enterprise Linux CD が検出される場合、インストールソースとして 自動的に CD-ROM を使用することはしないで下さい。
autostep
キックスタートを非対話式にします。
debug
pdb を今すぐに開始します。
dd
ドライバディスクの使用
dhcpclass=<class>
Sends a custom DHCP vendor class identifier. ISC's dhcpcd can inspect this value using "option vendor-class-identifier".
dns=<dns>
ネットワークインストールに使用する為のネームサーバのコンマ区分のリストです。
driverdisk
Same as 'dd'.
expert
特殊機能を開始します:
  • 脱着可能メディアのパーティション設定を許可
  • ドライバディスク用のプロンプト
gateway=<gw>
ネットワークインストールに使用するゲートウェイ
graphical
グラフィカルインストールを強制します。ftp/http に GUI を使用させるのに必要です。
isa
ISA デバイス設定用にユーザーをプロンプト
ip=<ip>
IP to use for a network installation, use 'dhcp' for DHCP.
keymap=<keymap>
Keyboard layout to use. Valid values are those which can be used for the 'keyboard' kickstart command.
ks=nfs:<server>:/<path>
The installation program looks for the kickstart file on the NFS server <server>, as file <path>. The installation program uses DHCP to configure the Ethernet card. For example, if your NFS server is server.example.com and the kickstart file is in the NFS share /mydir/ks.cfg, the correct boot command would be ks=nfs:server.example.com:/mydir/ks.cfg.
ks=http://<server>/<path>
The installation program looks for the kickstart file on the HTTP server <server>, as file <path>. The installation program uses DHCP to configure the Ethernet card. For example, if your HTTP server is server.example.com and the kickstart file is in the HTTP directory /mydir/ks.cfg, the correct boot command would be ks=http://server.example.com/mydir/ks.cfg.
ks=floppy
インストールプログラムは、/dev/fd0 内のフロッピィ上にある vfat 又は ext2 ファイルシステムのファイル ks.cfg を検索します。
ks=floppy:/<path>
The installation program looks for the kickstart file on the diskette in /dev/fd0, as file <path>.
ks=hd:<device>:/<file>
The installation program mounts the file system on <device> (which must be vfat or ext2), and look for the kickstart configuration file as <file> in that file system (for example, ks=hd:sda3:/mydir/ks.cfg).
ks=file:/<file>
The installation program tries to read the file <file> from the file system; no mounts are done. This is normally used if the kickstart file is already on the initrd image.
ks=cdrom:/<path>
The installation program looks for the kickstart file on CD-ROM, as file <path>.
ks
If ks is used alone, the installation program configures the Ethernet card to use DHCP. The kickstart file is read from the "bootServer" from the DHCP response as if it is an NFS server sharing the kickstart file. By default, the bootServer is the same as the DHCP server. The name of the kickstart file is one of the following:
  • DHCP が指定されていて、ブートファイルが / で始まる場合、 DHCP で提供されたブートファイルは NFS サーバー上で検索されます。
  • DHCP が指定してあり、ブートファイルが / 以外で始まる場合、 DHCP で提供されたブートファイルは、NFS サーバー上の /kickstart ディレクトリ内で検索されます。
  • DHCP がブートファイルを指定していない場合、インストールプログラムは /kickstart/1.2.3.4-kickstart ファイルを読み込もうと します。この 1.2.3.4 とは インストール先の マシンの IP アドレスを示すものです。
ksdevice=<device>
The installation program uses this network device to connect to the network. For example, consider a system connected to an NFS server through the eth1 device. To perform a kickstart installation on this system using a kickstart file from the NFS server, you would use the command ks=nfs:<server>:/<path> ksdevice=eth1 at the boot: prompt.
kssendmac
Adds HTTP headers to ks=http:// request that can be helpful for provisioning systems. Includes MAC address of all nics in CGI environment variables of the form: "X-RHN-Provisioning-MAC-0: eth0 01:23:45:67:89:ab".
lang=<lang>
Language to use for the installation. This should be a language which is valid to be used with the 'lang' kickstart command.
loglevel=<level>
Set the minimum level required for messages to be logged. Values for <level> are debug, info, warning, error, and critical. The default value is info.
lowres
GUI インストーラが 640x480 で実行するように強制します。
mediacheck
ユーザーにインストールソース(ISO ベース方法の場合) の整合性をテストするオプションを与えるようにローダコードをアクティベートします。
method=cdrom
CDROM ベースインストールを実行
method=ftp://<path>
Use <path> for an FTP installation.
method=hd:<device>:<path>
Use <path> on <dev> for a hard drive installation.
method=http://<path>
Use <path> for an HTTP installation.
method=nfs:<path>
Use <path> for an NFS installation.
netmask=<nm>
ネットワークインストール用に使用する Netmask
nofallback
GUI が終了に失敗した場合。
nofb
一部の言語で、テキストモードインストールの実行に要求される VGA16 フレームバッファを ロードしません。
nofirewire
firewire デバイス用のサポートをロードしません。
noipv6
インストール時に IPv6 ネットワーキングを無効にします。
nokill
致命的なエラーが発生した時に、anaconda が全ての実行中のプログラムを終了するのを阻止するデバグオプションです。
nomount
Don't automatically mount any installed Linux partitions in rescue mode.
nonet
ネットワークデバイスを自動検出しない
noparport
パラレルポート用サポートのロードを試みません。
nopass
Don't pass keyboard/mouse info to stage 2 installer, good for testing keyboard and mouse config screens in stage2 installer during network installs.
nopcmcia
システム内の PCMCIA コントローラを無視します。
noprobe
hw の検出を試みないで、ユーザーに催促します。
noshell
インストール中に tty2 上でシェルを出さない。
nostorage
収納デバイスを自動検出しません (SCSI, IDE, RAID)。
nousb
USB サポートをロードしません。(インストールが早期にハングする時に役に立ちます)。
nousbstorage
ローダー内の usbstorage モジュールのロードをしません。SCSI システム上の デバイス順序の手助けとなります。
rescue
レスキュー環境の実行をします。
resolution=<mode>
Run installer in mode specified, '1024x768' for example.
serial
シリアルコンソールサポートを開始します。
skipddc
Skips DDC probe of monitor, may help if it's hanging system.
syslog=<host>[:<port>]
Once installation is up and running, send log messages to the syslog process on <host>, and optionally, on port <port>. Requires the remote syslog process to accept connections (the -r option).
text
テキストモードインストールを強制します。
updates
更新(バグ修正)を含むフロッピィー用のプロンプトです。
updates=ftp://<path>
FTP 経由の更新を含むイメージ
updates=http://<path>
HTTP 経由の更新を含むイメージ
upgradeany
Don't require an /etc/redhat-release that matches the expected syntax to upgrade.
vnc
vnc ベースのインストールを有効にします。vnc クライアントアプリケーションを使用して、 そのマシンへ接続する必要があります。
vncconnect=<host>[:<port>]
Once installation is up and running, connect to the vnc client named <host>, and optionally use port <port>.
Requires 'vnc' option to be specified as well.
vncpassword=<password>
vnc 接続用のパスワードを有効にします。これは誰かが、間違えて vnc ベースのインストールに接続するのを防止します。
Requires 'vnc' option to be specified as well.