Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.8. キックスタートファイルを使用可能にする

キックスタートファイルは、次のいずれかの場所に保存しておかなければなりません。
  • ブートディスク(フロッピー)上
  • ブート CD-ROM 上
  • ネットワーク上
通常、キックスタートファイルは、ブートディスク上にコピーするか、 ネットワーク上で利用できるように設定します。 キックスタートインストールの多くはネットワーク上で実行される 傾向にありますので、ネットワークベースの保存とアクセスが 一般的になっています。
キックスタートファイルを保存する場所について、さらに 詳しく調べてみましょう。

28.8.1. キックスタートブートメディアの作成

Diskette-based booting is no longer supported in Red Hat Enterprise Linux. Installations must use CD-ROM or flash memory products for booting. However, the kickstart file may still reside on a diskette's top-level directory, and must be named ks.cfg.
To perform a CD-ROM-based kickstart installation, the kickstart file must be named ks.cfg and must be located in the boot CD-ROM's top-level directory. Since a CD-ROM is read-only, the file must be added to the directory used to create the image that is written to the CD-ROM. Refer to the 『Red Hat Enterprise Linux Installation Guide』 for instructions on creating boot media; however, before making the file.iso image file, copy the ks.cfg kickstart file to the isolinux/ directory.
To perform a pen-based flash memory kickstart installation, the kickstart file must be named ks.cfg and must be located in the flash memory's top-level directory. Create the boot image first, and then copy the ks.cfg file.
例えば、以下の例はブートイメージをペンドライブ(/dev/sda)に dd コマンドを使用して転送します:
dd if=diskboot.img of=/dev/sda bs=1M

注記

USB フラッシュメモリペンドライブを使用してブートすることは可能ですが、システムハードウェアの BIOS 設定に大きく依存します。使用しているシステムが代替デバイスでのブートをサポートしているかどうかについてはハードウェア製造元に確認してください。