Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第27章 POWER システムでのレスキューモード

システムがブートしない場合に、インストールディスクをレスキューモードで使用することができます。レスキューモードでシステムのディスクパーティションにアクセスすることができるため、インストールを救出するのに必要な変更を行なうことができます。
To boot in rescue mode on IBM System i with power control NWSD , follow the instructions for booting the installation program, with this change: In the NWSD, set the IPL parameters field to 'rescue' (including the quotes), or to 'dd rescue' if you need to load the SCSI driver. On other systems, specify the rescue or dd rescue (without quotes) after the default kernel name at the YABOOT prompt.
After the Language Selection screen (「言語の選択」), the installation program attempts to mount the disk partitions on your system. It then presents you with a shell prompt where you can make the changes you need. These changes may include storing the kernel and command line into the IPL source, as described in the Installation Complete section (「インストールの完了」).
変更が完了したら、exit 0 でシェルを終了します。これにより C サイドから再起動になります。A または B サイド、*NWSSTG から再起動するには、シェルを終了する代わりにシステムをオフにしてください。

27.1. レスキューモードから SCSI ユーティリティへのアクセスに関する注意事項

システムがネイティブ DASD ディスクを使用する場合、レスキューモードから SCSI ユーティリティにアクセスする必要があるかもしれません。これらのユーティリティはドライバディスク CD 上にあります。ドライバディスク CD は、特別な手順をとらない限りレスキューモードからマウントすることはできません。以下にその手順を説明します。
ご使用の Linux システムに割り当てられている 2 番目の CD-ROM ドライブがある場合、ドライバディスク CD を 2 番目のドライブにマウントできます。
CD-ROM ドライブが 1 つだけなら、次の手順で NFS ブートを設定する必要があります。
  1. linux rescue askmethod コマンドで CD-ROM からブートします。これにより、CD-ROM ドライブにデフォルト設定する代わりに、レスキューメディアのソースとして手動で NFS を選択できるようになります。
  2. 1 番目のインストールディスクを別の Linux システムのファイルシステムにコピーします。
  3. このインストールディスクのコピーを NFS か FTP から利用できるようにします。
  4. レスキューするシステムをオフ、または電源を落します。IPL ソースが IFS で boot.img のコピーを指していること(上記のステップ 1) 以外は、その IPL パラメータをレスキューモードでインストールディスクをブートする方法の説明にある通りに設定します。
  5. Make sure the installation disc is not in your CD-ROM drive.
  6. Linux システムを IPL します。
  7. Follow the prompts as decribed in 27章POWER システムでのレスキューモード. An additonal prompt for the installation source appears. Select NFS or FTP (as appropriate) and complete the following network configuration screen.
  8. Linux システムがレスキューモードでブートしたら、CD-ROM ドライブが使えるようになり、ドライバメディアをマウントして SCSI ユーティリティにアクセスできます。