Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

1.2. Itanium システム — EFI シェル

Itanium で Red Hat Enterprise Linux のインストールを開始する前に、EFI シェルとは何か、EFI シェルでできることなど EFI シェルに関して基本的な理解をしておく必要があります。
EFI シェルとはアプリケーション (Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムなど)を起動するために使用するコンソールインターフェースで、EFI プロトコルとデバイスドライバをロードし、簡単なスクリプトを実行します。DOS コンソールに似ており、FAT16 (VFAT) にフォーマットされたメディアにのみアクセスが可能です。
また、EFI シェルには一般的なユーティリティが含まれ、EFI システムパーティションで使用できます。これらのユーティリティには、edittypecprmmkdir などが含まれます。ユーティリティと他コマンドの一覧を見るには、EFI シェルプロンプトで help と入力します。
EFI シェルには ELILO と呼ばれるブートローダが含まれています。EFI についての詳細は次の URL でご覧になれます。
http://developer.intel.com/technology/efi/index.htm

1.2.1. Itanium システム — EFI デバイス名

map コマンドは EFI が認識できるすべてのファイルシステムとデバイスを一覧表示するのに使用できます。ご使用の Itanium システムで EFI シェルをブートすると、次の順序でシステムを検証していきます。
  1. LS-120 ドライブ (メディアを含んでいる場合)
  2. プライマリ IDE インターフェース上の IDE ハードドライブ
  3. セカンダリ IDE インターフェース上の IDE ハードドライブ
  4. SCSI インターフェース上の SCSI ハードドライブ
  5. IDE インターフェース上の CD-ROM ドライブ
  6. SCSI インターフェース上の CD-ROM ドライブ
このシステムポールの結果を表示するには、EFI シェルプロンプトで次のコマンドを入力します。
map
出力はシステムが検証された順序で一覧表示されます。このため、すべての FAT16 ファイルシステムがまず最初に表示され、それから IDE ハードドライブ、SCSI ハードドライブ、IDE CD-ROM ドライブの順序で表示され、最後に SCSI CD-ROM ドライブが表示されます。
例えば、map コマンドの出力は次のようになります。
Device mapping table   
	fs0  : VenHw(Unknown Device:00)/HD(Part1,Sig00000000)   
	fs1  : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part1,Sig00000000)   
	fs2  : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk0 : VenHw(Unknown Device:00)   
	blk1 : VenHw(Unknown Device:00)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk2 : VenHw(Unknown Device:80)   
	blk3 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part1,Sig00000000)   
	blk4 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part2,Sig00000000)   
	blk5 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part3,Sig00000000)   
	blk6 : VenHw(Unknown Device:80)/HD(Part3,Sig00000000)/HD(Part1,Sig725F7772)  
	blk7 : VenHw(Unknown Device:FF)   
	blk8 : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)   
	blk9 : VenHw(Unknown Device:FF)/CDROM(Entry1)/HD(Part1,Sig00000000)
この例では、LS-120 ドライブに LS-120 ディスケットがあり、同じく CD-ROM ドライブに CD-ROM があります。fs で始まるものはすべて EFI が読み込みできる FAT16 ファイルシステムです。blk で始まるものはすべて EFI が認識するブロックデバイスです。ファイルシステム、ブロックデバイスのいずれも検証される順序で表示されます。したがって、fs0 は LS-120 上のシステムパーティション、fs1 はハードドライブ上のシステムパーティション、fs2 は CD-ROM 上のシステムパーティションになります。