Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

17.3. インストールプログラムの実行

LPAR または仮想マシンシステムを起動するために 16章開始するための手順 で説明されている手順に従って、IBM System z 上の設定済みの Linux インストールシステムに ssh を実行します。
テキストモードのインストールプログラムはほとんどのインストールでデフォルトで実行されますが、オプションで NFS インストール方式を介して VM および LPAR インストールで利用可能なグラフィカルインストールプログラムを実行できます。
注記
ネットワーク接続が遅い場合やテキストベースのインストールを希望する場合は、parm ファイルに DISPLAY= 変数を設定しないでください。テキストベースのインストールはグラフィカルインストールと似ていますが、グラフィカルインストールでは、より多くのパッケージ選択の詳細と、テキストベースのインストールで利用できないその他のオプションを利用できます。可能な場合は、グラフィカルインストールを使用することを強く推奨します。
グラフィカルインストールを実行するには、X Window System サーバーまたは VNC クライアントがインストールされているワークステーションを使用します。X11 転送または Telnet クライアントを許可する SSH クライアントを使用します。SSH は、セキュリティー機能に強く推奨されます。また、X および VNC セッションを転送する機能も可能にします。Linux イメージ(z/VM で実行している Linux ゲスト)に接続する前に、SSH クライアントで X11 転送を有効にします。

17.3.1. X11 転送を使用したインストール

たとえば、Linux イメージに接続し、Linux ワークステーションで OpenSSH と X11 転送を使用してグラフィカルインストールプログラムを表示するには、ワークステーションシェルプロンプトに以下のコマンドを入力します。
ssh -X linuxvm.example.com
-X オプションは、X11 転送を有効にします。
DNS またはホスト名が正しく設定されていない場合や、Linux イメージがディスプレイでアプリケーションを開くことができない場合は、グラフィカルインストールプログラムを起動することができません。これを回避するには、正しい DISPLAY= 変数を設定します。パラメーターファイルに DISPLAY=workstationname:0.0 パラメーターを追加し、workstationname を Linux イメージに接続するクライアントワークステーションのホスト名に置き換えます。Linux イメージがローカルワークステーションで xhost +linuxvm コマンドを使用してワークステーションに接続できるようにします。
NFS 経由でグラフィカルインストールが自動的に開始されない場合は、parm ファイルの DISPLAY= 変数設定を確認します。仮想マシンのインストールを実行している場合は、インストールを再実行して、リーダーに新しい parm ファイルを読み込みます。さらに、転送された X11 のディスプレイを実行する際に、X サーバーがワークステーションマシンで起動されていることを確認してください。最後に、3 つの方法がすべてグラフィカルインストールをサポートしているため、NFS、FTP、または HTTP のいずれかのプロトコルが選択されていることを確認します。