Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.4. GRUB の用語

GRUB を使用する前に理解しておくべき最も重要な点の 1 つは、ハードドライブやパーティションなどのデバイスを参照するプログラムです。この情報は、複数のオペレーティングシステムをブートするように GRUB を設定する場合に特に重要です。

9.4.1. デバイス名

GRUB で特定のデバイスを参照する場合は、次の形式を使用します(括弧とコンマは非常に重要な構文であることに注意してください)。
(<type-of-device><bios-device-number>,<partition-number>)
&lt ;type-of-device> は、GRUB が起動するデバイスのタイプを指定します。最も一般的な 2 つのオプションは、ハードディスクの場合は hd、3.5 ディスケットの場合は fd です。あまり使用されないデバイス種別は、ネットワークディスクに対して nd と呼ばれることもあります。ネットワーク経由で起動するように GRUB を設定する手順は、オンライン( http://www.gnu.org/software/grub/manual/ )を参照してください。
& lt;bios-device-number&gt; は BIOS デバイス番号です。プライマリー IDE ハードドライブの番号は 0 で、セカンダリー IDE ハードドライブには 1 の番号が付けられます。この構文は、カーネルによりデバイスに使用されるものとほぼ同等です。たとえば、カーネルの hda の は、GRUB の hd 0 の 0 に類似しており、hdbbhd 1 の 1 に類似しています。
&lt ;partition-number&gt; は、デバイスのパーティションの数を指定します。< bios-device-number > と同様に、ほとんどのパーティションには 0 から始まる番号が付けられます。ただし、BSD パーティションは文字を使用して指定 0 に対応するb、b などを指定します。
注記
GRUB 下のデバイスの番号付けシステムは、常に 1 ではなく 0 で始まります。これを区別できないのは、新規ユーザーによる最も一般的な間違いの 1 つです。
たとえば、システムに複数のハードドライブがある場合、GRUB は最初のハードドライブを (hd0)として、2 つ目は(hd 1)として参照し ます。同様に、GRUB は最初のドライブの最初のパーティションを (hd0,0) として、2 番目のハードドライブの 3 番目のパーティション (hd1,2) を参照します。
通常、GRUB でデバイスおよびパーティションの命名時に、以下のルールが適用されます。
  • システムのハードドライブが IDE または SCSI である場合でも、ハードドライブはすべて hd 文字で始まります。3.5 ディスケットの指定には fd 文字が使用されます。
  • パーティションを使用せずにデバイス全体を指定するには、コンマとパーティション番号のままにします。これは、特定のディスクに MBR を設定するように GRUB に指示する場合に重要です。たとえば、(hd0 )は最初のデバイスの MBR を指定し、(hd3) は 4 番目のデバイスの MBR を指定します。
  • システムに複数のドライブデバイスがある場合は、BIOS でドライブの起動順序の設定方法を把握することが重要です。これは、システムに IDE ドライブまたは SCSI ドライブしかないものの、デバイスを混在させる場合は、最初に起動パーティションがあるドライブの種類に最初にアクセスすることが重要になります。