Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.6. GRUB コマンド

GRUBには、コマンド行インターフェイスで、便利な多くのコマンドが含まれています。コマンドの中にはコマンド名の後にオプションを受け入れるものもあり、これらのオプションはスペースによって同じ行のコマンドや他のオプションと区別します。
役立つコマンドの一覧は次の通りです。
  • boot — オペレーティングシステムを起動、または最後にロードされたチェーンローダーを起動します。
  • chainloader </path/to/file> — Loads the specified file as a chain loader. If the file is located on the first sector of the specified partition, use the blocklist notation, +1, instead of the file name.
    以下は、 chainloader コマンドの例です。
    chainloader +1
  • displaymem — BIOS からの情報に基づき現在のメモリ使用量を表示します。 起動前にシステムが有している RAM を確認するのに便利です。
  • initrd </path/to/initrd> — Enables users to specify an initial RAM disk to use when booting. An initrd is necessary when the kernel needs certain modules in order to boot properly, such as when the root partition is formatted with the ext3 file system.
    以下は initrd コマンドの例です。
    initrd /initrd-2.6.8-1.523.img
  • install <stage-1> <install-disk> <stage-2> p config-file — Installs GRUB to the system MBR.
    • <stage-1> — Signifies a device, partition, and file where the first boot loader image can be found, such as (hd0,0)/grub/stage1.
    • <install-disk> — Specifies the disk where the stage 1 boot loader should be installed, such as (hd0).
    • <stage-2> — Passes the stage 2 boot loader location to the stage 1 boot loader, such as (hd0,0)/grub/stage2.
    • p <config-file> — This option tells the install command to look for the menu configuration file specified by <config-file>, such as (hd0,0)/grub/grub.conf.

    警告

    install コマンドは MBR にすでに格納されている情報をすべて上書きします。
  • kernel </path/to/kernel> <option-1> <option-N> ... — Specifies the kernel file to load when booting the operating system. Replace </path/to/kernel> with an absolute path from the partition specified by the root command. Replace <option-1> with options for the Linux kernel, such as root=/dev/VolGroup00/LogVol00 to specify the device on which the root partition for the system is located. Multiple options can be passed to the kernel in a space separated list.
    以下は kernel コマンドの例です。
    kernel /vmlinuz-2.6.8-1.523 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00
    前の例にあるオプションは Linux の root ファイルシステムが hda5 パーティションに格納されることを指示しています。
  • root (<device-type><device-number>,<partition>) — Configures the root partition for GRUB, such as (hd0,0), and mounts the partition.
    以下は root コマンドの例です。
    root (hd0,0)
  • rootnoverify (<device-type><device-number>,<partition>) — Configures the root partition for GRUB, just like the root command, but does not mount the partition.
この他にもコマンドがあります。 help --all と入力するとコマンドの全一覧を表示します。 全 GRUB コマンドの詳細については、 オンラインにて http://www.gnu.org/software/grub/manual/ にあるドキュメントを参照してください。