Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.16. ディスクパーティションの構成

Partitioning allows you to divide your hard drive into isolated sections, where each section behaves as its own hard drive. Partitioning is particularly useful if you run multiple operating systems. If you are not sure how you want your system to be partitioned, read 25章ディスクパーティションの概要 for more information.
On this screen you can choose to create the default layout or choose to manual partition using the 'Create custom layout' option of Disk Druid.
最初の三つのオプションでは、自分自身でドライブのパーティション設定を行わずに自動インストールを実行することができます。システムのパーティション設定が煩雑に感じられる場合は、手動によるパーティション設定を 選択せずに、 その代わりインストールプログラムにパーティション設定をさせることをお薦めします。
You can configure an iSCSI target for installation, or disable a dmraid device from this screen by clicking on the 'Advanced storage configuration' button. For more information refer to 「高度なストレージオプション」.

警告

更新エージェント は、更新済みのパッケージをデフォルトで /var/cache/yum/ にダウンロードします。パーティションを手動で 設定する場合、独立した /var/ パーティションを作成して、 そのパーティションがパッケージ更新のダウンロードの為に充分な容量(3.0 GB 以上)に なるようにして下さい。
ディスクパーティションの構成

図12.12 ディスクパーティションの構成

If you choose to create a custom layout using Disk Druid, refer to 「システムのパーティション設定」.

警告

インストールの ディスクパーティション設定 段階の後に次のような内容のエラーが出た場合:
"The partition table on device hda was unreadable. To create new partitions it must be initialized, causing the loss of ALL DATA on this drive."
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは必ず作成してください。