Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.18. システムのパーティション設定

If you chose one of the three automatic partitioning options and did not select Review, skip ahead to 「ネットワーク設定」.
自動パーティション設定オプションを選んでいて 確認 を 選択している場合は、現在のパーティション設定を承認するか ( をクリックする)、または手動のパーティション設定ツール、 Disk Druid を 使用して設定を編集することもできます。

注記

テキストモードインストールでは、既存の設定を表示する以外は LVM (Logical Volumes)で 作業をすることが出来ないことに注意して下さい。LVM はグラフィカルインストールでの グラフィカル Disk Druid プログラムを使用してのみ設定が可能です。
カスタムレイアウトを作成する選択をすると、インストールプログラムに対して Red Hat Enterprise Linux をインストールする場所を指定する必要があります。これは、Red Hat Enterprise Linux がインストールされる ことになる1つ、又は複数のパーティション用のマウントポイントを定義することでなされます。 この時点で、パーティションの作成/削除も必要になるかも知れません。

注記

If you have not yet planned how to set up your partitions, refer to 25章ディスクパーティションの概要 and 「パーティション設定に関する推奨」. At a bare minimum, you need an appropriately-sized root partition, and a swap partition equal to twice the amount of RAM you have on the system. Itanium system users should have a /boot/efi/ partition of approximately 100 MB and of type FAT (VFAT), a swap partition of at least 512 MB, and an appropriately-sized root (/) partition.
x86、AMD64、Intel 64 システムで Disk Druid を使用したパーティション設定

図4.15 x86、AMD64、Intel® 64 システムで Disk Druid を使用したパーティション設定

インストールプログラムによって使用されるパーティション設定ツールが Disk Druid です。よほど難解な状況を除いて、Disk Druid は典型的なインストールのパーティション設定要件に対応できます。

4.18.1. ハードドライブのグラフィカル表示

Disk Druid は使用中のハードドライブのグラフィカル 表示を提供します。
マウスを使用して、シングルクリックするとグラフィカル表示内の特定のフィールドを強調表示 します。ダブルクリックすると、既存パーティションの編集や、既存の空き領域にパーティションを 作成することができます。
Above the display, you can review the Drive name (such as /dev/hda), the Geom (which shows the hard disk's geometry and consists of three numbers representing the number of cylinders, heads, and sectors as reported by the hard disk), and the Model of the hard drive as detected by the installation program.