Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

30.2. ブートプロセスの詳細

ブートプロセスの始まりは使用しているハードウェアプラットフォームによって 異なりますが、カーネルが検出され、ブートローダーでロードされると、 その後はデフォルトのブートプロセスは全てのアーキテクチャーを通じて共通です。 この章では x86アーキテクチャーに焦点を置いています。

30.2.1. BIOS

x86 コンピュータがブートされると、プロセッサはシステムメモリの最後部を見て Basic Input/Output System、いわゆるBIOS プログラムを探しそれを実行します。BIOSは、ブートプロセスの最初のステップだけでなく周辺機器への低レベルインターフェイスも提供します。この為、BIOS は読み込み専用の固定メモリとして書かれており、何時でも使用可能です。
他のプラットフォームは、x86システムの BIOS の働きとほぼ同じ様な低レベルタスクを演じるための別種のプログラムを使用します。例えば、Itanium ベースのコンピュータは EFI (Extensible Firmware Interface)シェル を使用します。
Once loaded, the BIOS tests the system, looks for and checks peripherals, and then locates a valid device with which to boot the system. Usually, it checks any diskette drives and CD-ROM drives present for bootable media, then, failing that, looks to the system's hard drives. In most cases, the order of the drives searched while booting is controlled with a setting in the BIOS, and it looks on the master IDE device on the primary IDE bus. The BIOS then loads into memory whatever program is residing in the first sector of this device, called the Master Boot Record or MBR. The MBR is only 512 bytes in size and contains machine code instructions for booting the machine, called a boot loader, along with the partition table. Once the BIOS finds and loads the boot loader program into memory, it yields control of the boot process to it.