Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.5. ハードドライブからのインストールの準備

注記

DASD 又は SCSI ソースのストレージを使用したハードドライブからのインストールは ネイティブな ext2 か ext3 のいずれかのパーティションからしか行なえません。 これ以外のファイルシステムのデバイス(特に、RAID か LVM パーティション)の場合では、ハードドライブからのインストールは実行できません。
ハードドライブからのインストール用にシステムを準備するには、次のいずれかのセットアップを行ないます。
  • CD-ROM セット又は DVD の使用 — 各インストール CD-ROM 又は DVD から ISO イメージファイルを作成します。それぞれの CD-ROM に対し(DVD は一度だけ)、Linux システム上で次のコマンドを実行します:
    dd if=/dev/cdrom of=/tmp/file-name.iso
    CD-ROM 上のデータの終りになるとこのコマンドはエラーを出すことがあります。これは無視してください。正しい DASD にコピーしたら、作成した ISO イメージはこれでインストールに使用できるようになります。
  • ISO イメージの使用 — これらのイメージをインストール先のシステム (又は正しい DASD 又は SCSI デバイス) へ移動します
    その ISO イメージが完全であるかインストールを行なう前に検証することで問題を回避する役に立ちます。インストール実行前に ISO イメージが完全であることを検証するには、md5sum プログラム(各種のオペレーティングシステムに利用できる多くの md5sum プログラムがあります)を使用します。md5sum プログラムは ISO イメージとして同じ Linux マシン上にあるはずです。
    新しい VM 又は LPAR に対してアクセス可能になるように正しく DASD 又は SCSI LUN を 設定します。そしてインストールへ進みます。
    更には、updates.img と言うファイルがインストール元のディレクトリ内に存在する場合、それはインストールプログラム:anaconda の更新に使用されます。Red Hat Enterprise Linux の 各種インストール法とインストールプログラム更新の適用法に関する詳細情報は anaconda RPM パッケージ内の install-methods.txt を参照して下さい。