Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

12.6. インストールの開始

12.6.1. DVD/CD-ROM からのインストール

To install Red Hat Enterprise Linux from a DVD/CD-ROM, place the DVD or CD #1 in your DVD/CD-ROM drive and boot your system from the DVD/CD-ROM.
The installation program then probes your system and attempts to identify your CD-ROM drive. It starts by looking for an IDE (also known as an ATAPI) CD-ROM drive.
If your CD-ROM drive is not detected, and it is a SCSI CD-ROM, the installation program prompts you to choose a SCSI driver. Choose the driver that most closely resembles your adapter. You may specify options for the driver if necessary; however, most drivers detect your SCSI adapter automatically.
If the DVD/CD-ROM drive is found and the driver loaded, the installer will present you with the option to perform a media check on the DVD/CD-ROM. This will take some time, and you may opt to skip over this step. However, if you later encounter problems with the installer, you should reboot and perform the media check before calling for support. From the media check dialog, continue to the next stage of the installation process (refer to 「Red Hat Enterprise Linux へようこそ」).

12.6.1.1. IDE CD-ROM が検出されない場合

IDE (ATAPI) DVD/CD-ROM があるのに、インストールプログラムがそれを検出せずに、 使用する DVD/CD-ROM ドライブのタイプを質問してきた場合は、以下のブートコマンドを 試して下さい。インストールを再開始して、boot: プロンプトで linux hdX=cdrom と入力します。 X には、ユニットが接続されている インターフェイスに応じて、マスターかスレーブか(別名、プライマリかセカンダリ)として次の いずれかの文字を入れます:
  • a — 先頭の IDE コントローラ、マスター
  • b — 先頭の IDE コントローラ、スレーブ
  • c — 2 番目の IDE コントローラ、マスター
  • d — 2 番目の IDE コントローラ、スレーブ
3 番目、4 番目のコントローラがある場合は、アルファベット文字を上記に続けて、コントローラの順番、マスター、スレーブの順序で割り当てます。