Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

11.2. IBM eServer System p と System i への準備

IBM eServer System p と IBM eServer System i のシステムではパーティション設定、仮想デバイス、ネイティブデバイス、コンソール用の数多くのオプションが 導入されています。この両バージョンのシステムはシステムの設定に応じて、同じカーネルを使用し、 数多くの同じオプションを使用することができます。
パーティションされていない System p システムを使用している場合、インストール前の セットアップは必要ありません。HVSI シリアルコンソールを使用するシステムの場合は、コンソールを T2 シリアルポートに繋げてください。
パーティション設定されたシステムを使用している場合には、IBM System p か IBM System i の いずれの場合もパーティション設定及びインストールの開始の手順は ほぼ同じになります。HMC でパーティションを設定し CPU とメモリリソースの他にも SCSI とイーサネットのリソースも適宜割り当てます。これは仮想でもネイティブでも 構いません。HMC でパーティション設定ウィザードがその設定を案内します。
For more information on creating the partition, refer to IBM's Infocenter article on 『Configuring Linux logical partitions』 available online at: http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/eserver/v1r3s/index.jsp?topic=/iphbi/iphbikickoff.htm
If you are using virtual SCSI resources, rather than native SCSI, you must configure a 'link' to the virtual SCSI serving partition, and then configure the virtual SCSI serving partition itself. You create a 'link' between the virtual SCSI client and server slots using the HMC. You can configure a virtual SCSI server on either AIX or i5/OS, depending on which model and options you have.
IBM Redbooks と他のオンラインリソースを含む、仮装化デバイスの詳細情報は、次のサイトでご覧になれます: http://publib.boulder.ibm.com/infocenter/eserver/v1r3s/index.jsp?topic=/iphbi/iphbirelated.htm
仮装化 eServer i5 に関する追加の情報は IBM Redbook SG24-6388-01 内の 『Implementing POWER Linux on IBM System i Platform』 でご覧になれます。これは、http://www.redbooks.ibm.com/redpieces/abstracts/sg246388.html?Open でアクセスすることが出来ます。
システムの設定が完了したら、HMC から Activate するか電源をオンにする必要があります。行なっているインストールの種類により、SMS が正しくインストールプログラムをブートするよう設定する必要があるかもしれません。