Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第14章 IBM POWER System でのインストールのトラブルシューティング

この付録では、一般的なインストールの問題とその解決策を説明します。
また、IBM Online Alert Section for System p and System i useful もあります。これは以下にあります。
http://www14.software.ibm.com/webapp/set2/sas/f/lopdiags/info/LinuxAlerts.html
上記の URL は、読みやすくするために 2 つの行に分割されていることに注意してください。改行なしで、ブラウザーに 1 行ずつ入力する必要があります。

14.1. Red Hat Enterprise Linux を起動できない

14.1.1. signal 11 エラーが表示される

シグナル 11 エラー(通常は セグメンテーションフォールト として知られている)は、プログラムが、割り当てられていないメモリーの場所にアクセスすることを意味します。シグナル 11 エラーは、インストールされているソフトウェアプログラムのいずれかまたは障害のあるハードウェアのバグが原因である可能性があります。
インストール時に致命的な signal 11 エラーが発生した場合は、おそらくシステムのバスのメモリーでハードウェアエラーが発生している可能性があります。他のオペレーティングシステムと同様に、Red Hat Enterprise Linux はシステムのハードウェアに独自の要求を配置します。このハードウェアの一部は、別の OS で適切に動作している場合でも、これらの要求に対応できない可能性があります。
Red Hat の最新のインストール更新およびイメージがあることを確認します。オンラインエラータを確認して、新しいバージョンが利用可能かどうかを確認します。最新のイメージがまだ失敗すると、ハードウェアに問題がある可能性があります。通常、これらのエラーはメモリーまたは CPU キャッシュにあります。お使いのシステムがこれに対応している場合は、このエラーの解決策として BIOS で CPU キャッシュをオフにすることができます。マザーボードスロットの周りのメモリーをスワップして、問題がスロットまたはメモリーに関連しているかどうかを確認することもできます。
もう 1 つのオプションは、インストール CD-ROM でメディアチェックを実行することです。Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムでは、インストールメディアの整合性をテストする機能があります。これは、CD、DVD、ハードドライブ ISO、および NFS ISO のインストール方法で動作します。Red Hat は、インストールプロセスを開始する前に、およびインストール関連のバグを報告する前に、すべてのインストールメディアをテストすることを推奨します(CD が不適切に書き込まれたため、報告されたバグの多くは実際には多数あります)。このテストを使用するには、boot: または yaboot: プロンプトで以下のコマンドを入力します(Itanium システムの場合、elilo で事前入力してください)。
	linux mediacheck
シグナル 11 エラーに関する詳細は、以下を参照してください。
	http://www.bitwizard.nl/sig11/