Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第34章 PXE ネットワークインストール

Red Hat Enterprise Linux では、NFS、FTP、または HTTP プロトコルを使用してネットワーク経由でインストールすることができます。ネットワークインストールは、ブート CD-ROM、ブート可能なフラッシュメモリードライブ、または Red Hat Enterprise Linux CD #1 で askmethod ブートオプションを使用して開始することができます。また、インストールするシステムに PXE(Pre-Execution Environment) 対応のネットワークインターフェイスカード (NIC) が搭載されていれば、CD-ROM などのローカルメディアではなく、ネットワーク接続された他のシステム上のファイルから起動するように設定することも可能です。
PXE ネットワークインストールの場合、PXE をサポートするクライアントの NIC は、DHCP 情報のブロードキャスト要求を送信します。DHCP サーバーは、クライアントに IP アドレス、ネームサーバーなどのその他のネットワーク情報、tftp サーバー (インストールプログラムの起動に必要なファイルを提供) の IP アドレスまたはホスト名、および tftp サーバー上のファイルの場所を提供します。これは、syslinux パッケージに含まれる PXELINUX があるから可能なのです。
PXE インストールの準備として、以下のステップを実行する必要があります。
  1. インストールツリーをエクスポートするためのネットワーク (NFS、FTP、HTTP) サーバーを設定します。
  2. PXE ブートに必要な tftp サーバーのファイルを設定します。
  3. PXE 設定から起動できるホストを設定します。
  4. tftp サービスを起動します。
  5. DHCP を設定している。
  6. クライアントを起動して、インストールを開始します。

34.1. ネットワークサーバーのセットアップ

まず、NFS、FTP、または HTTP サーバーが、インストールする Red Hat Enterprise Linux のバージョンとバリアントのインストールツリー全体をエクスポートするように設定します。詳細な手順については、『Red Hat Enterprise Linux 『インストールガイド の ネットワークインストール』 の準備』 セクションを参照してください。