Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第4章 Intel® 及び AMD システムにインストールする

This chapter explains how to perform a Red Hat Enterprise Linux installation from the DVD/CD-ROM, using the graphical, mouse-based installation program. The following topics are discussed:
  • Becoming familiar with the installation program's user interface
  • インストールプログラムを起動する
  • インストール方法を選択する
  • インストール(言語、キーボード、マウス、パーティション設定など)時の設定手順
  • インストールを終了する

4.1. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェース

If you have used a graphical user interface (GUI) before, you are already familiar with this process; use your mouse to navigate the screens, click buttons, or enter text fields.
You can also navigate through the installation using the keyboard. The Tab key allows you to move around the screen, the Up and Down arrow keys to scroll through lists, + and - keys expand and collapse lists, while Space and Enter selects or removes from selection a highlighted item. You can also use the Alt+X key command combination as a way of clicking on buttons or making other screen selections, where X is replaced with any underlined letter appearing within that screen.

注記

If you are using an x86, AMD64, or Intel® 64 system, and you do not wish to use the GUI installation program, the text mode installation program is also available. To start the text mode installation program, use the following command at the boot: prompt:
linux text
Refer to 「テキストモードインストールプログラムのユーザーインターフェース」 for a brief overview of text mode installation instructions.
It is highly recommended that installs be performed using the GUI installation program. The GUI installation program offers the full functionality of the Red Hat Enterprise Linux installation program, including LVM configuration which is not available during a text mode installation.
Users who must use the text mode installation program can follow the GUI installation instructions and obtain all needed information.

注記

Itanium システムを使用していて、GUI インストールプログラムを使用したくない場合は、テキストモードのインストールプログラムも利用可能です。テキストモードのインストールプログラムを起動するには、EFI シェルプロンプトで以下のコマンドを入力します。
elilo linux text

4.1.1. 仮想コンソールに関する注意事項

Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムは、インストール中にダイアログボックスを提供するだけではありません。各種診断メッセージを利用することができ、さらにシェルプロンプトからコマンドを入力することもできます。これらのメッセージはインストールプログラムによって 5 つの 仮想コンソール 上で表示されます。キーの組み合わせを入力するだけで仮想コンソールを切替えることができます。
仮想コンソールは非グラフィカル環境でのシェルプロンプトであり、遠隔からではなく、実際の物理的なマシンからアクセスします。複数の仮想コンソールは同時にアクセスすることができます。
These virtual consoles can be helpful if you encounter a problem while installing Red Hat Enterprise Linux. Messages displayed on the installation or system consoles can help pinpoint a problem. Refer to 表4.1「コンソール、キー入力、内容」 for a listing of the virtual consoles, keystrokes used to switch to them, and their contents.
一般的に、 インストール関連の問題を診断しようとしている場合を除き、 グラフィカルインストール用のデフォルトコンソール(仮想コンソール #6) を残しておく必要はありません。

表4.1 コンソール、キー入力、内容

コンソール キー入力 内容
1 ctrl+alt+f1 インストールダイアログ
2 ctrl+alt+f2 シェルプロンプト
3 ctrl+alt+f3 インストールログ(インストールプログラムから発行されるメッセージ)
4 ctrl+alt+f4 システム関連メッセージ
5 ctrl+alt+f5 その他のメッセージ
6 ctrl+alt+f6 X のグラフィカル表示