Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第17章 IBM System z のシステムにインストールする

This chapter explains how to perform a Red Hat Enterprise Linux installation using the graphical, mouse-based installation program. The following topics are discussed:
  • Becoming familiar with the installation program's user interface
  • インストールプログラムを起動する
  • インストール方法を選択する
  • インストール(言語、キーボード、マウス、パーティション設定など)時の設定手順
  • インストールを終了する

17.1. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェース

If you have used a graphical user interface (GUI) before, you are already familiar with this process; use your mouse to navigate the screens, click buttons, or enter text fields.
You can also navigate through the installation using the keyboard. The Tab key allows you to move around the screen, the Up and Down arrow keys to scroll through lists, + and - keys expand and collapse lists, while Space and Enter selects or removes from selection a highlighted item. You can also use the Alt+X key command combination as a way of clicking on buttons or making other screen selections, where X is replaced with any underlined letter appearing within that screen.

注記

テキストモードのインストールは明確には文書化されていませんが、テキストモードの場合も GUI インストールの説明に従うと簡単にインストールを行なうことができます。 ただし、 LVM (Logical Volume Management) ディスクボリュームの操作と zFCP デバイスの設定はグラフィカルモードでしか行えませんので注意してください。 テキストモードでは、 デフォルトの LVM 設定を確認のため表示させ採用するかどうか決定するしかできません。