Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第9章 GRUB ブートローダー

When a computer with Red Hat Enterprise Linux is turned on, the operating system is loaded into memory by a special program called a boot loader. A boot loader usually exists on the system's primary hard drive (or other media device) and has the sole responsibility of loading the Linux kernel with its required files or (in some cases) other operating systems into memory.

9.1. ブートローダーとシステムアーキテクチャ

Red Hat Enterprise Linux を稼動できるアーキテクチャはそれぞれ異なるブートローダーを使用しています。 次の表では各アーキテクチャごとのブートローダーを示します。

表9.1 各アーキテクチャのブートローダー

アーキテクチャ ブートローダー
AMD® AMD64 GRUB
IBM® eServerSystem i OS/400®
IBM® eServerSystem p YABOOT
IBM® System z® z/IPL
IBM® System z® z/IPL
Intel® Itanium ELILO
x86 GRUB
本章では x86 アーキテクチャ用 Red Hat Enterprise Linux に同梱されている GRUB ブートローダーのコマンド及び設定オプションについて説明します。