Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第13章 IBM POWER システム用のドライバーメディア

13.1. なぜドライバメディアが必要なのでしょうか?

Red Hat Enterprise Linux のインストールプログラムがロードしている時点で、画面がドライバメディアを要求してくることがあります。このドライバメディア画面は次のようなパターンでよくでてきます。
  • ネットワークデバイスからインストールを行なう必要がある場合
  • ブロックデバイスからインストールを行なう必要がある場合
  • PCMCIA デバイスからインストールを行なう必要がある場合
  • インストールブートプロンプトで、又は NWSD の IPL パラメータフィールドで linux dd と入力してインストールプログラムを実行した場合
  • PCI デバイスのないコンピュータでインストールプログラムを実行する場合

13.1.1. ドライバメディアとは何?

ドライバメディアは、インストールプログラムによるサポートの有無にかかわらずハードウェアに対してサポートを提供します。ドライバメディアには、Red Hat 提供のドライバディスケットやイメージ、更にはインターネットで見つけたドライバから自作したフロッピーや CD-ROM、ハードウェアメーカーがハードウェアに添付しているディスクや CD-ROM、などがあります。
Red Hat Enterprise Linux をインストールするために特定デバイスにアクセスが必要な場合にドライバメディアを使用します。ドライバは、ネットワーク (NFS) インストール、PCMCIA またはブロックデバイスを使用したインストール、標準以外の CD-ROM ドライブや最新の CD-ROM ドライブ、SCSI アダプタ、NIC、その他一般的ではないデバイスなどに使用されます。

注記

Red Hat Enterprise Linux をインストールするのにサポートされていないデバイスが不要なら、そのままインストールを続行し、インストールが完了した時点で新しいハードウェアのサポートを追加します。

13.1.2. ドライバメディアの入手法

Driver images can be obtained from several sources. They may be included with Red Hat Enterprise Linux, or they may be available from a hardware or software vendor's website. If you suspect that your system may require one of these drivers, you should create a driver diskette or CD-ROM before beginning your Red Hat Enterprise Linux installation.

注記

また、ネットワークファイル経由でドライバディスクイメージを使用することもできます。linux dd ブートコマンドの代わりに、linux dd=url コマンドを使用します。url の部分には、使用するドライバイメージの HTTP、FTP、NFS などいずれかのアドレスを入れます。
Another option for finding specialized driver information is on Red Hat's website at
バグ修正 と呼ばれるセクションの下です。時には Red Hat Enterprise Linux リリース後に人気のあるハードウェアが入手可能になり、その中には インストールプログラムにすでに含まれたドライバーや Red Hat Enterprise Linux CD #1 にあるドライバー イメージにあるドライバーでは機能しないものがあります。そのようなケースでは、Red Hat ウェブサイトがドライバーイメージへのリンクを持つことがあります。

13.1.3. インストール中にドライバイメージを使用する

PCMCIA デバイスインストール中または NFS インストール中に、ドライバイメージを使用する必要がある場合、インストールプログラムは必要な時点でドライバ(ディスケット、CD-ROM、ファイル名としての)を挿入するよう要求してきます。
しかし、Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムにそのドライバディスクをロードさせ、インストールの処理中に使用するよう明確に指示しなければならない場合がいくつかあります。
For example, to specifically load a driver diskette that you have created, begin the installation process by booting from the Red Hat Enterprise Linux CD #1 (or using boot media you have created). At the yaboot: prompt enter linux dd. Refer to 12章IBM System i 及び IBM System p のシステムにインストールする for details on booting the installation program.
Red Hat Enterprise Linux インストールプログラムがドライバディスクを挿入するよう要求します。インストールプログラムがドライバディスクを読み込むと、ドライバディスクは、インストール過程の後の方で検知されるハードウェアに対するドライバを適用することができます。