Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第33章 ブートプロセス、イニシエーション、シャットダウン

Red Hat Enterprise Linux の重要で強力な側面は、オペレーティングシステムの起動に使用するオープンでユーザー設定可能な方法です。起動時に起動するプログラムの指定など、起動に関する様々な設定をユーザーが自由に行うことができます。同様に、システムシャットダウンは、組織的かつ設定可能な方法でプロセスを優雅に終了させますが、このプロセスのカスタマイズが必要になることはほとんどありません。
起動とシャットダウンの仕組みを理解することで、カスタマイズが可能になるだけでなく、システムの起動やシャットダウンに関連する問題のトラブルシューティングが容易になります。
重要 - ブートタイムメッセージのロギング
以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux では、init スクリプトからのブートタイムメッセージは /var/log/boot.log に記録されました。この機能は、Red Hat Enterprise Linux 5 では使用できません。

33.1. ブートプロセス

以下は、x86 システムのブートプロセスの基本的な段階である。
  1. システム BIOS はシステムをチェックし、プライマリーハードディスクの MBR 上でファーストステージのブートローダーを起動する。
  2. 第 1 段のブートローダーはメモリーに自身をロードし、/boot/ パーティションから第 2 段のブートローダーを起動する。
  3. 第 2 段階のブートローダーは、カーネルをメモリーにロードし、次に必要なモジュールをロードし、ルートパーティションを読み取り専用にマウントします。
  4. カーネルは、ブートプロセスの制御を /sbin/init プログラムに移管します。
  5. sbin/init プログラムは、すべてのサービスとユーザースペースツールをロードし、/etc/fstab にリストされているすべてのパーティションをマウントします。
  6. ユーザーには、起動したばかりの Linux システムのログイン画面が表示されます。
ブートプロセスの設定はシャットダウンプロセスのカスタマイズよりも一般的なので、この章の残りの部分では、ブートプロセスがどのように動作し、特定のニーズに合わせてカスタマイズすることができるかについて詳しく説明します。