Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第22章 IBM System z ユーザー用の追加情報

22.1. sysfs ファイルシステム

Linux 2.6 カーネルは sysfs ファイルシステムを導入しました。 sysfs ファイルシステムは、proc, devfs, devpty のファイルシステムの統合だと言えます。sysfs ファイルシステム は、システムに接続されているデバイスとバスを、ユーザースペースからアクセスできるファイルシステム内に階層式に 列記します。以前は /proc/ 内に存在していたデバイスとドライバー特定のオプションを 処理したり、以前に devfs で提供されていた動的デバイス追加を担当するうように設計されて います。
sysfs ファイルシステムは /sys/ でマウントされ、いくつか異なる方法でシステムに接続されたデバイスを構成する複数のディレクトリを含んでいます。/sysfs/ のサブディレクトリには次のようなものがあります。
  1. /devices/ ディレクトリ
    このディレクトリには、/css0/ ディレクトリが含まれています。 そのサブディレクトリは Linux カーネルで検出された全てのサブチャンネルを代表します。 サブチャンネルディレクトリは 0.0.nnnn の 形式で名付けられており、ここで nnnn とは 0000 から ffff までの 16進法のサブチャンネル番号です。サブチャンネルディレクトリはステータスファイルと実際のデバイスを 代表する別のサブディレクトリを含んでいます。デバイスディレクトリは 0.0.xxxx の形式で名付けられ、ここでxxxx とはデバイスのユニットアドレスです。/devices/ ディレクトリはまた、デバイスのステータス情報と設定オプションを含んでいます。
  2. /bus/ ディレクトリ
    ここには /ccw/ サブディレクトリ及び /ccwgroup/ サブディレクトリが含まれます。CCW デバイスはチャンネルコマンド語を使ってアクセスされます。/ccw/ ディレクトリにあるデバイスはメインフレームチャンネルサブシステムにある 1 サブチャンネルのみを使用します。CCW グループデバイスもチャンネルコマンド語でアクセスされますが、デバイス毎に複数のサブチャンネルを使用します。例えば、3390-3 DASD デバイスは 1 サブチャンネルを使用し、OSA アダプタの QDIO ネットワーク接続は 3 サブチャンネル使用します。/ccw//ccwgroup/ のディレクトリはいずれも devices 及び drivers と呼ばれる複数のディレクトリを含んでいます。
    /devices/ ディレクトリには /sys/devices/css0/ ディレクトリにあるデバイスディレクトリへのシンボリックリンクが含まれます。
    /drivers/ ディレクトリには、現在システムにロードされている 各デバイスドライバー用のディレクトリが含まれています。dasd, console, qeth, zfcp などのデバイス関連ドライバーはここにディレクトリ エントリを持っています。/driver/ ディレクトリには、デバイスドライバーの設定や 使用中のデバイスへのシンボリックリンクが含まれます。
  3. /class/ ディレクトリ
    ここには ttys、SCSI テープドライバ、ネットワークデバイス、その他のデバイスなど同種のデバイスを一緒にまとめる複数のディレクトリが含まれています。
  4. /block/ ディレクトリ
    このディレクトリにはシステム上の各ブロックデバイスに対する複数のディレクトリが含まれています。これらは主に実際の DASD、ループバックデバイス、ソフトウェア raid ブロックデバイスなどディスクタイプのデバイスです。古い Linux システムと sysfs を使用するシステムとの顕著な違いは、sysfs 名でデバイスを参照する必要があるということです。2.4 カーネルイメージでは、zFCP ドライバがそのデバイスアドレスとして渡されました。2.6 カーネルイメージのシステムでは、そのドライバは 0.0.1600 として渡されます。