3.4.3. Quota の同期化

GFS2 はディスク上のそれ自身の内部ファイルにある全ての quota を保存します。 GFS2 ノードは全てのファイルシステムの書き込みでこの quota ファイルを更新 するのではなく、60 秒に一度だけ quota ファイルを更新します。これは、ノード群に よる quota ファイルへの書き込みの競合を避ける為に必要であり、そのような競合は パフォーマンス低下の原因になります。
ユーザーかグループが彼らの quota 限度に近づくと、GFS2 は動的にその quota ファイルの 更新の間隔時間を短縮して限度が超過されることを防止します。quota 同期の通常の 間隔はチューン可能なパラメータ quota_quantum で、これは gfs2_tool コマンドを使用して変更できます。デフォルトでは、 この期間は 60秒です。また、quota_quantum パラメータは各ノード上で ファイルシステムがマウントされる度にセットする必要があります。(quota_quantum パラメータへの変更は unmount の後には固執しません)
gfs2_quota sync コマンドを使用して、GFS2 によって実行される 自動更新の時間外にノードからディスク上 quota ファイルへの quota 情報を同期化することができます。

使用法

Synchronizing Quota Information
gfs2_quota sync -f MountPoint
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。
Tuning the Time Between Synchronizations
gfs2_tool settune MountPoint quota_quantum Seconds
MountPoint
設定が適用される GFS2 ファイルシステムを指定します。
Seconds
GFS2 による通常の quota ファイル同期化の間隔の新しい時間を指定します。 小さな値は競合を増加するのでパフォーマンスを低下することになります。

この例は、実行しているノードからの quota 情報を ファイルシステム /mygfs2 へ 同期化します。
gfs2_quota sync -f /mygfs2
この例は、通常の quota ファイル更新の間隔時間を、単独ノード上のファイルシステム /mygfs2 用に 1時間(3600 秒)に変更します。
gfs2_tool settune /mygfs2 quota_quantum 3600